2020.11.11 Wed

Written by EDGE編集部

インタビュー&コラム

海外チャレンジトライアウト「EURO BLAZE 2020」のMVP佐藤岬選手インタビュー!

2020年10月3日、プロを目指す選手を対象とした、海外チャレンジトライアウト「EURO BLAZE/ユーロブレイズ」が開催された。世界で活躍できる人材にチャンスを与えるため、選考基準にはサッカースキルだけでなく、海外生活で重要となるメンタルやモチベーションも加味された。そんな「EURO BLAZE/ユーロブレイズ」でMVPに輝いた、佐藤岬選手にインタビューを実施した。(記事提供・文責 ユーロプラスインターナショナル)

「EURO BLAZE/ユーロブレイズ」は、世界で活躍できる人材にチャンスを与えるために開催された、海外チャレンジトライアウトである。今回は「EURO BLAZE/ユーロブレイズ」で見事MVPに選出された佐藤岬選手にインタビューを行った。

―――「EURO BLAZE/ユーロブレイズ」セレクションに参加した理由を教えてください。

佐藤:エージェント選びで悩んでいた中で、自分と同じく海外でプレーしたいと思っている知り合いがいて、セレクションの情報を聞いて、受けてみようと思いました。

―――セレクションに参加してみてどうでしたか?

佐藤:当日初めて会う人とチームメイトになるので、コミュニケーションも浅いなかで、自分の能力・パフォーマンスをどう出していくかが難しかったですね。

―――ゲーム形式が中心となりましたが、プレーの手応えはありましたか?

佐藤:本来のポジションではないところでのプレーも多かった中で、持ち味であるスピードをアピールできたと思います。セレクションということで、気合が入った熱い空気でしたが、冷静に考えて、楽しくプレーすることができました。

 

グラフィックス1

 

―――海外でのプレーを目指していると思いますが、将来のビジョンはどう考えていますか?

佐藤:将来的にはヨーロッパの1部・2部などのレベルの高いところで、楽しくサッカーをしたいです。そのためにしっかりと現実を見て、過程を大事にして、厳しい環境からのスタートでも結果を出し続けていきたいです。

―――ご自身のプレースタイルと、自分の武器は何だと思いますか?

佐藤:個人で打開してシュートまで持ち込むスピードとドリブルが武器だと思います。そこは自信を持ってプレーしていきたいです。

―――将来やチーム選びに悩んでいる、困っている選手に向けてアドバイスはありますか?

佐藤:自分はチャンスが転がっていたらまず飛び込んでみて、結果的にそれが報われてきたタイプなので、チャンスには積極的に飛び込んで欲しいですね。

―――最後に、今後に向けて目標や決意をお聞かせください。

佐藤:昔から大勢の前でプレーするプロ選手になることを目標にやってきたので、すぐにでも観客の前で楽しくプレーできるようになりたいです。

MVPに選ばれた佐藤選手は冬にヨーロッパへ渡り、プロ契約を目指してチャレンジする。自分の目標、夢に向けて最高の準備をして、挑んでほしい。

 

グラフィックス3

<選手プロフィール>
【氏  名】佐藤 岬(サトウミサキ)
【生年月日】1998/9/11
【ポジション】LMF
【経  歴】ベガルタ仙台JY〜仙台商業高校〜拓殖大学サッカー部  

 

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事