Jリーグ&国内
NEW ARTICLE

北海道コンサドーレ札幌の三上GMが語る、J2優勝を支えた「CLIMB DB活用法」

2016.12.05 Mon

新着記事

ヨーロッパ

スペインサッカー協会認定ライセンス取得に、革新的なオンラインプランが登場!

2016.12.01 Thu

スペインサッカー協会認定ライセンスが、オンライン講習とスペインでの実技講習(6 日間)で取得できるプログラムを、スペインサッカー協会、スペイン文科省が認可しているAFEN(スポーツ指導者育成機関)と、オフィシャルパートナー契約を結ぶユーロプラスインターナショナルが発表した。

Jリーグ&国内

エッジの効いたサッカーカルチャー雑誌「SHUKYU Magazine 3」が12月3日に発売!

2016.11.30 Wed

SHUKYU Magazineは、2015年に創刊されたフットボールカルチャーマガジンです。3号目では、混沌する現代社会における”アイデンティティ”について改めて考えます。FIFA非加盟の地域・民族による国際大会、人種差別、ロンドンの女子サッカー、ロボットサッカーといった特集から、サッカーとファッションをつなげた第一人者である清永浩文(SOPH co.,ltd)へのインタビュー、ユルゲン・テラーが撮り下ろしたポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)、東京とパリで活動するインディペンデントサッカーリーグの記事まで、多彩な内容になっています。付録には、パリのLe Ballon FCとコラボレーションしたワッペンが付いてきます。

アジア

海を渡った指導者たち〜第6回・金光石、佐藤貴庸、浅野伸太郎、石田隼也(SPORVAコーチ)後編

2016.11.28 Mon

海外で指導をする、日本人指導者にスポットを当てる「海を渡った指導者たち」。前回に続き、上海最大のスクール『SPORVA』で中国人の子供に中国語で指導をする、4名の元・日本在住指導者のインタビューをお届けする。最終回では、彼らの持つ将来のビジョンに迫る。(文・写真 池田宣雄)

育成・トレーニング

技術の大切さと楽しさを、もう一度思い出そう!『越智健一郎 サッカークリニック 』12月3日 横浜開催!

2016.11.21 Mon

一昨年のインターハイで準優勝した、京都精華学園女子サッカー部監督の越智健一郎氏が、精華の選手達と一緒に実技クリニックを行います。技術と楽しさに特化しながら全国有数の強豪校へと上り詰めた精華Styleの秘密。他では見られない越智氏による独自のトレーニング。楽しさの裏側に仕込まれた緻密さと狙いを、存分に体験して頂けると思います。

▶︎ その他の記事

編集部イチオシ

Jリーグ&国内

北海道コンサドーレ札幌の三上GMが語る、J2優勝を支えた「CLIMB DB活用法」

2016.12.05 Mon

2016年、J2を制覇したのが北海道コンサドーレ札幌だ。親会社を持たない市民クラブとして、資金に限りがある中で的確な選手補強を施し、下部組織から選手を育成する成果が実を結んだ。2016年シーズンより、CLIMB Factory株式会社とクラブパートナー契約を結び、メディカル、コンディショニング部門のICT(情報通信技術)を強化している。J2優勝を成し遂げたコンサドーレ札幌において、選手のコンディション管理システム『CLIMB DB』は、どのような役割を果たしたのか。チームの強化責任者である、三上大勝ゼネラルマネージャーに話を聞いた。(聞き手・構成/鈴木智之 フットボールエッジ編集長) 

アジア

海を渡った指導者たち〜第6回・金光石、佐藤貴庸、浅野伸太郎、石田隼也(SPORVAコーチ)前編

2016.11.14 Mon

海外で指導をする指導者にスポットを当てる「海を渡った指導者たち」。直近のシリーズでは上海最大のスクールに成長した、SPORVAを紹介中。これまで、SPORVA代表の千葉将智と、実弟で副代表の千葉康博のインタビューをお届けしたが、ここからは現地スクールで中国人の子供に中国語で指導をする、4名の元・日本在住指導者の声を紹介したい。日本でコーチ業をする人にとって、キャリアパスを描く意味で参考になるに違いない。(文・写真 池田宣雄)

Jリーグ&国内

アマチュアフットボーラーたちの挑戦 土橋宏由樹&渡邉俊介「マスターズ全国大会で、改めてサッカーの楽しさを知る」

2016.10.27 Thu

アマチュアフットボーラーたちの挑戦。今回のゲストは、AC長野パルセイロのアンバサダーとして活躍する傍ら、2016年のマスターズ(35歳以上)全国大会に長野県代表として出場し、準優勝を果たした土橋宏由樹さんと、土橋さんの親友であり、三重県代表として今年のマスターズに出場した渡邉俊介さんです。対談のホストを務める中村篤次郎さんは、かつてツエーゲン金沢のゼネラルマネジャーを務め、FC東京を経て現在は保険会社で働くアマチュアフットボーラーです。マスターズとシニアで全国大会出場&優勝をめざす3人の鼎談をお楽しみください。(構成・鈴木智之/フットボールエッジ編集長)

アジア

海を渡った指導者たち〜第5回・千葉康博(SPORVA副代表)後編「グラスルーツから、スクール業界を変えたい」

2016.10.18 Tue

商社マンを辞めて上海へ渡り、兄とともにゼロからサッカースクールを立ち上げ、軌道に乗せた千葉康博(SPORVA副代表)さん。インタビュー後編ではサッカースクールの経営や選手育成の方針、コーチの在り方について、話は核心に迫っていきます。(文・写真 池田宣雄)

▶︎ その他の記事

日本代表  新着一覧

日本代表

『味方の中でプレーすること』を知らない日本代表。~育成年代の指導者が見たUAE戦~【久保田コラム】

2016.09.02 Fri

大好評の久保田コラム。テーマは日本代表のUAE戦です。攻守にちぐはぐなプレーを続け、ホームで敗れた原因はなんだったのでしょうか?「味方の中でプレーする」ことを身に付けず、身体能力の高さでプレーできてしまう子が、Jの下部組織に青田買いされていくことの意味とは?(文・久保田大介/SUERTE juniors 横浜)

日本代表

本田圭佑が語る、復興支援への想い

2016.07.04 Mon

2016年7月3日、KEISUKE HONDA Presents「熊本地震復興支援 SOLTILO CUP」決勝ラウンドが行われ、一般参加で勝ち上がったチームと、本田圭佑率いる「JAPAN DREAM」がフットサルで対戦。本田や乾貴士、なでしこジャパンの熊谷紗希や岩渕真奈、Fリーガーの稲葉洸太郎、清水和也、清家大葵、滝田学、元日本代表の秋田豊が参戦し、多くの観客が見守る中、JAPAN DREAMが4対1で勝利した。

▶︎ その他の記事

Jリーグ&国内  新着一覧

Jリーグ&国内

北海道コンサドーレ札幌の三上GMが語る、J2優勝を支えた「CLIMB DB活用法」

2016.12.05 Mon

2016年、J2を制覇したのが北海道コンサドーレ札幌だ。親会社を持たない市民クラブとして、資金に限りがある中で的確な選手補強を施し、下部組織から選手を育成する成果が実を結んだ。2016年シーズンより、CLIMB Factory株式会社とクラブパートナー契約を結び、メディカル、コンディショニング部門のICT(情報通信技術)を強化している。J2優勝を成し遂げたコンサドーレ札幌において、選手のコンディション管理システム『CLIMB DB』は、どのような役割を果たしたのか。チームの強化責任者である、三上大勝ゼネラルマネージャーに話を聞いた。(聞き手・構成/鈴木智之 フットボールエッジ編集長) 

Jリーグ&国内

エッジの効いたサッカーカルチャー雑誌「SHUKYU Magazine 3」が12月3日に発売!

2016.11.30 Wed

SHUKYU Magazineは、2015年に創刊されたフットボールカルチャーマガジンです。3号目では、混沌する現代社会における”アイデンティティ”について改めて考えます。FIFA非加盟の地域・民族による国際大会、人種差別、ロンドンの女子サッカー、ロボットサッカーといった特集から、サッカーとファッションをつなげた第一人者である清永浩文(SOPH co.,ltd)へのインタビュー、ユルゲン・テラーが撮り下ろしたポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)、東京とパリで活動するインディペンデントサッカーリーグの記事まで、多彩な内容になっています。付録には、パリのLe Ballon FCとコラボレーションしたワッペンが付いてきます。

▶︎ その他の記事

ヨーロッパ  新着一覧

ヨーロッパ

スペインサッカー協会認定ライセンス取得に、革新的なオンラインプランが登場!

2016.12.01 Thu

スペインサッカー協会認定ライセンスが、オンライン講習とスペインでの実技講習(6 日間)で取得できるプログラムを、スペインサッカー協会、スペイン文科省が認可しているAFEN(スポーツ指導者育成機関)と、オフィシャルパートナー契約を結ぶユーロプラスインターナショナルが発表した。

▶︎ その他の記事

アジア  新着一覧

アジア

海を渡った指導者たち〜第6回・金光石、佐藤貴庸、浅野伸太郎、石田隼也(SPORVAコーチ)後編

2016.11.28 Mon

海外で指導をする、日本人指導者にスポットを当てる「海を渡った指導者たち」。前回に続き、上海最大のスクール『SPORVA』で中国人の子供に中国語で指導をする、4名の元・日本在住指導者のインタビューをお届けする。最終回では、彼らの持つ将来のビジョンに迫る。(文・写真 池田宣雄)

アジア

海を渡った指導者たち〜第6回・金光石、佐藤貴庸、浅野伸太郎、石田隼也(SPORVAコーチ)前編

2016.11.14 Mon

海外で指導をする指導者にスポットを当てる「海を渡った指導者たち」。直近のシリーズでは上海最大のスクールに成長した、SPORVAを紹介中。これまで、SPORVA代表の千葉将智と、実弟で副代表の千葉康博のインタビューをお届けしたが、ここからは現地スクールで中国人の子供に中国語で指導をする、4名の元・日本在住指導者の声を紹介したい。日本でコーチ業をする人にとって、キャリアパスを描く意味で参考になるに違いない。(文・写真 池田宣雄)

▶︎ その他の記事

フットサル  新着一覧

▶︎ その他の記事

高校&ユース  新着一覧

高校&ユース

技術の大切さと楽しさを、もう一度思い出そう!『越智健一郎 サッカークリニック 』12月3日 横浜開催!

2016.11.21 Mon

一昨年のインターハイで準優勝した、京都精華学園女子サッカー部監督の越智健一郎氏が、精華の選手達と一緒に実技クリニックを行います。技術と楽しさに特化しながら全国有数の強豪校へと上り詰めた精華Styleの秘密。他では見られない越智氏による独自のトレーニング。楽しさの裏側に仕込まれた緻密さと狙いを、存分に体験して頂けると思います。

高校&ユース

ドイツで14年間指導した坂本健二氏が教える、ドイツ流「ゾーンディフェンスの極意」講習会開催!

2016.06.30 Thu

2016年7月11日、東京・世田谷にて坂本健二氏の講習会が行われる。テーマは「ドイツサッカーから学ぶ、守備のグループ戦術(数的同数 2対2 3対3 4対4)」。坂本氏の講習会は過去にフットボールエッジでもレポートしたが、理論、実践ともに、現代の指導者が知っておくべき内容だと感じた。また指導者だけでなく、現役のプレーヤーにとっても、プレー向上の面からも有意義な内容となっている。興味のある方はぜひ参加してほしい。

▶︎ その他の記事

育成・トレーニング  新着一覧

育成・トレーニング

技術の大切さと楽しさを、もう一度思い出そう!『越智健一郎 サッカークリニック 』12月3日 横浜開催!

2016.11.21 Mon

一昨年のインターハイで準優勝した、京都精華学園女子サッカー部監督の越智健一郎氏が、精華の選手達と一緒に実技クリニックを行います。技術と楽しさに特化しながら全国有数の強豪校へと上り詰めた精華Styleの秘密。他では見られない越智氏による独自のトレーニング。楽しさの裏側に仕込まれた緻密さと狙いを、存分に体験して頂けると思います。

育成・トレーニング

トレセンや8人制サッカーで垣間見える、指導者の“余裕のなさ”のはなし【久保田コラム】

2016.11.21 Mon

大好評の久保田コラム。今回のテーマは、トレセンや8人制サッカーで垣間見える、指導者の“余裕のなさ”について。勝つため、目先の結果を優先するあまり、子供達の成長をないがしろにしてはいませんか? というお話です。(文・久保田大介/SUERTE juniors 横浜)

▶︎ その他の記事

インタビュー&コラム  新着一覧

インタビュー&コラム

北海道コンサドーレ札幌の三上GMが語る、J2優勝を支えた「CLIMB DB活用法」

2016.12.05 Mon

2016年、J2を制覇したのが北海道コンサドーレ札幌だ。親会社を持たない市民クラブとして、資金に限りがある中で的確な選手補強を施し、下部組織から選手を育成する成果が実を結んだ。2016年シーズンより、CLIMB Factory株式会社とクラブパートナー契約を結び、メディカル、コンディショニング部門のICT(情報通信技術)を強化している。J2優勝を成し遂げたコンサドーレ札幌において、選手のコンディション管理システム『CLIMB DB』は、どのような役割を果たしたのか。チームの強化責任者である、三上大勝ゼネラルマネージャーに話を聞いた。(聞き手・構成/鈴木智之 フットボールエッジ編集長) 

インタビュー&コラム

海を渡った指導者たち〜第6回・金光石、佐藤貴庸、浅野伸太郎、石田隼也(SPORVAコーチ)後編

2016.11.28 Mon

海外で指導をする、日本人指導者にスポットを当てる「海を渡った指導者たち」。前回に続き、上海最大のスクール『SPORVA』で中国人の子供に中国語で指導をする、4名の元・日本在住指導者のインタビューをお届けする。最終回では、彼らの持つ将来のビジョンに迫る。(文・写真 池田宣雄)

▶︎ その他の記事