アジア
NEW ARTICLE

海を渡った指導者たち〜第10回・藤本雄基(広州富力ユースアカデミーコーチ)後編

2017.05.23 Tue

新着記事

アジア

海を渡った指導者たち〜第10回・藤本雄基(広州富力ユースアカデミーコーチ)前編

2017.05.18 Thu

広州東駅から地下鉄を乗り継いで、天河客運駅に向かう。待ち合わせ場所として指定された駅出口の階段を登ると、そこは長距離バスや路線バスが道を行き交う、巨大なバスターミナルに隣接する古びた街だった。大きな荷物を携えて、あちこちのベンチや歩道に腰掛ける人々の姿。近隣の車両整備工場や旅客相手の商店の人々の姿。そして、黒い煤を吐き散らしながら走り出す中国製の大型バス。この街はどこか懐かしい匂いがする。(文・写真 池田宣雄)

▶︎ その他の記事

編集部イチオシ

アジア

海を渡った指導者たち〜第10回・藤本雄基(広州富力ユースアカデミーコーチ)後編

2017.05.23 Tue

藤本雄基(以下、藤本)は2016年の10月から、中国スーパーリーグの広州富力ユースアカデミーに指導者として赴いている。彼ら日本人コーチ陣は単年契約の中で常に結果を求められる、厳しい環境下での海外赴任だ。筆者とレストランで向かい合う藤本の言葉が、熱を帯びていく。(文・写真 池田宣雄)

アジア

海を渡った指導者たち〜第9回・若杉秀俊(広州富力U-12監督)前編

2017.03.29 Wed

「ハーイ! コーチ!」「ハロー! ワカ!」。若杉秀俊(以下、若杉)が小学校の校庭に姿を現すと、ボールを蹴りたくて仕方がない子供たちが、次々と声を掛けてくる。早朝からの授業を終えて、やや疲れた表情の生徒もいれば、快活で元気な子の姿もある。広州の交通の要所、広州東駅から地下鉄を乗り継いで45分ほどの郊外にある高塘石小学校が、若杉が平日の夕方に指導する、市内有数のサッカー強豪校だ。(文・写真 池田宣雄)

育成・トレーニング

2016-17 U-11プレミアリーグチャンピオンシップ。大宮アルディージャジュニアが優勝を果たす!

2017.03.22 Wed

2017年3月19、20日、U-11プレミアリーグチャンピオンシップが千葉県の北市川フットボールフィールドで行われ、決勝戦で大宮アルディージャジュニア(埼玉県)と高部JFC(静岡)が対戦。1対1で延長戦にもつれこんだ熱戦は、PK戦の末に大宮アルディージャジュニアが勝利し、見事、第二代チャンピオンに輝いた。

Jリーグ&国内

日本初のスポーツバーが誕生! 障がい者就労で運営し、障がい者スポーツを普及する「E’s cafe」ってなに?

2017.03.20 Mon

2017年3月1日。多摩市のフットサルグラウンドの隣に、日本初のスポーツバーがオープンしました。「グラウンドの隣にカフェバーがあったらいいよね」。フットボール好きなら、そんな会話をしたことがある人は多いんじゃないでしょうか。今回紹介する、神一世子(じん いよこ)さんもその一人でした。神さんはその施設を「障がい者就労」で運営し、障がいを持つサッカー選手が仕事もサッカーも両立できる場所づくりを目指しています。(文:加藤遼也/love.fútbol)

▶︎ その他の記事

日本代表  新着一覧

日本代表

『味方の中でプレーすること』を知らない日本代表。~育成年代の指導者が見たUAE戦~【久保田コラム】

2016.09.02 Fri

大好評の久保田コラム。テーマは日本代表のUAE戦です。攻守にちぐはぐなプレーを続け、ホームで敗れた原因はなんだったのでしょうか?「味方の中でプレーする」ことを身に付けず、身体能力の高さでプレーできてしまう子が、Jの下部組織に青田買いされていくことの意味とは?(文・久保田大介/SUERTE juniors 横浜)

日本代表

本田圭佑が語る、復興支援への想い

2016.07.04 Mon

2016年7月3日、KEISUKE HONDA Presents「熊本地震復興支援 SOLTILO CUP」決勝ラウンドが行われ、一般参加で勝ち上がったチームと、本田圭佑率いる「JAPAN DREAM」がフットサルで対戦。本田や乾貴士、なでしこジャパンの熊谷紗希や岩渕真奈、Fリーガーの稲葉洸太郎、清水和也、清家大葵、滝田学、元日本代表の秋田豊が参戦し、多くの観客が見守る中、JAPAN DREAMが4対1で勝利した。

▶︎ その他の記事

Jリーグ&国内  新着一覧

▶︎ その他の記事

ヨーロッパ  新着一覧

ヨーロッパ

日独フットボール・アカデミー、SVヴェルダー・ブレーメン、湘南ベルマーレ 三社共同育成プロジェクト発足

2017.03.08 Wed

株式会社日独フットボール・アカデミー(代表取締役社長:西松文章)、SVヴェルダー・ブレーメン(ブンデスリーガ/ドイツ)、株式会社湘南ベルマーレ(代表取締役会長:眞壁潔)が事業提携し、三社による小学生年代の選手育成における、新たなプログラムの提供を開始することが発表された。

▶︎ その他の記事

アジア  新着一覧

アジア

海を渡った指導者たち〜第10回・藤本雄基(広州富力ユースアカデミーコーチ)後編

2017.05.23 Tue

藤本雄基(以下、藤本)は2016年の10月から、中国スーパーリーグの広州富力ユースアカデミーに指導者として赴いている。彼ら日本人コーチ陣は単年契約の中で常に結果を求められる、厳しい環境下での海外赴任だ。筆者とレストランで向かい合う藤本の言葉が、熱を帯びていく。(文・写真 池田宣雄)

アジア

海を渡った指導者たち〜第10回・藤本雄基(広州富力ユースアカデミーコーチ)前編

2017.05.18 Thu

広州東駅から地下鉄を乗り継いで、天河客運駅に向かう。待ち合わせ場所として指定された駅出口の階段を登ると、そこは長距離バスや路線バスが道を行き交う、巨大なバスターミナルに隣接する古びた街だった。大きな荷物を携えて、あちこちのベンチや歩道に腰掛ける人々の姿。近隣の車両整備工場や旅客相手の商店の人々の姿。そして、黒い煤を吐き散らしながら走り出す中国製の大型バス。この街はどこか懐かしい匂いがする。(文・写真 池田宣雄)

▶︎ その他の記事

フットサル  新着一覧

▶︎ その他の記事

高校&ユース  新着一覧

高校&ユース

【少年サッカー移籍問題6】移籍問題解決に向けて、日本サッカー協会から通達が出される!

2017.03.13 Mon

2016年6月よりフットボールエッジで特集を組み、雑誌『ジュニアサッカーを応援しよう!」(カンゼン社)など、他メディアでも大きく扱われるなど、多くの反響を呼んだ「少年サッカー移籍問題」。問題提起から10ヶ月が経った2017年3月9日、公益財団法人日本サッカー協会(以下JFA)より、2017年度第3回理事会において、アマチュア選手の移籍を統括する地域サッカー協会、都道府県サッカー協会、各種連盟に宛てて「移籍に関する手続きの加盟チームへの周知徹底および大会要項等における出場資格の適正化について」という文書が通達された。

高校&ユース

東京都クラブユース(U-17)選手権決勝 FC東京U-18・佐藤一樹監督コメント

2017.02.13 Mon

2017年2月11日、東京の味の素フィールド西が丘で、東京都クラブユース(U-17)選手権決勝が行われ、FC東京U-18が東京ヴェルディユースに4対1で勝利しました。取材エリアに「もう、明日の練習試合のことしか考えていないです。次、次という(笑)」と言いながら来てくれた、佐藤監督の試合後のコメントをお届けします。

▶︎ その他の記事

育成・トレーニング  新着一覧

育成・トレーニング

2016-17 U-11プレミアリーグチャンピオンシップ。大宮アルディージャジュニアが優勝を果たす!

2017.03.22 Wed

2017年3月19、20日、U-11プレミアリーグチャンピオンシップが千葉県の北市川フットボールフィールドで行われ、決勝戦で大宮アルディージャジュニア(埼玉県)と高部JFC(静岡)が対戦。1対1で延長戦にもつれこんだ熱戦は、PK戦の末に大宮アルディージャジュニアが勝利し、見事、第二代チャンピオンに輝いた。

▶︎ その他の記事

インタビュー&コラム  新着一覧

インタビュー&コラム

海を渡った指導者たち〜第10回・藤本雄基(広州富力ユースアカデミーコーチ)後編

2017.05.23 Tue

藤本雄基(以下、藤本)は2016年の10月から、中国スーパーリーグの広州富力ユースアカデミーに指導者として赴いている。彼ら日本人コーチ陣は単年契約の中で常に結果を求められる、厳しい環境下での海外赴任だ。筆者とレストランで向かい合う藤本の言葉が、熱を帯びていく。(文・写真 池田宣雄)

インタビュー&コラム

海を渡った指導者たち〜第10回・藤本雄基(広州富力ユースアカデミーコーチ)前編

2017.05.18 Thu

広州東駅から地下鉄を乗り継いで、天河客運駅に向かう。待ち合わせ場所として指定された駅出口の階段を登ると、そこは長距離バスや路線バスが道を行き交う、巨大なバスターミナルに隣接する古びた街だった。大きな荷物を携えて、あちこちのベンチや歩道に腰掛ける人々の姿。近隣の車両整備工場や旅客相手の商店の人々の姿。そして、黒い煤を吐き散らしながら走り出す中国製の大型バス。この街はどこか懐かしい匂いがする。(文・写真 池田宣雄)

▶︎ その他の記事