2019.11.17 Sun

Written by EDGE編集部

高校&ユース

2019年 全国高校サッカー選手権大阪府予選決勝 興国対阪南大高 樺山諒乃介、杉浦力斗コメント。写真ギャラリー

2019年11月6日、ヤンマースタジアム長居で第98回全国高校サッカー選手権大阪府予選決勝が行われ、興国高校が阪南大高校に2対0で勝利。悲願の初優勝を果たした。

【総評】

前半は阪南大高が優勢でチャンスを作ったが、興国のGK田川知樹が鋭い反応でゴールに鍵をかけ、スコアレスで前半を折り返す。後半に入ると「少し選手の立ち位置を変えた」(興国・内野監督)という言葉通り、選手個々のポジショニングが良くなり、パスが回り始めるとともに、阪南大高にプレスの的を絞らせないようになる。

そして後半30分、中盤の的確なサポートでいぶし銀のプレーを連発していた湯谷杏吏から、2年生エースの樺山諒乃介に渡ると、最後はストライカーの杉浦力斗が右足を振り抜き、強烈なシュートを突き刺した。

終了間際には樺山がコーナーキックからダメ押しの2点目を決めると、最後までGK田川、センターバックの中島超男、平井駿助、キャプテンの田路耀介らを中心に阪南大高の攻撃を封じ込め、タイムアップ。悲願の初優勝を達成した。

 

9_compressed

左から芝山和暉、樺山諒乃介、浜崎匠海、山崎希一、杉浦力斗

 

【決勝戦後の樺山諒乃介コメント】

――プロの練習に参加して、どこが変わった?

Jクラブの高いレベルの中で練習させてもらって、アプローチのスピードなど、全部のスピード感が違いました。その中でも自信を持ってできたプレーもあったので、興国に帰ってきて、自信を持ってプレーできるようになりました。

――杉浦選手とのコンビネーションで意識していることは?

杉浦は足が速いので、相手からすると怖いと思う。杉浦が走るとスペースができるので、そこに自分が入るのは、練習から話しながらやっています。ただ、そればかりでは相手に読まれるので、自分が裏に抜けたりと、試合中はずっとコミュニケーションをとってやっています。今日の1点目はその形が出せたんじゃないかと思います。バイタルエリアにスペースができたときに、ボールを運ぶことやゴール前で相手に脅威を与えるプレーには自信があります。

――プリンスリーグで得たものは?

大阪の高校はハードプレスのチームが多いのですが、プリンスリーグで1年間戦ってきた中で、厳しいエリアでボールを受けながら、認知力やファーストタッチをどこに置くかなどは、去年に比べてうまくなったと思います。

――全国大会ではどんなプレーを見せたいですか?

自分はドリブルが武器なので、ドリブルやサイドでの1対1など、ボールを持ったときに相手に怖さを与えるところ、テクニックで観客に見せるプレーなどで湧いてくれたらと思います。目標は全国優勝です。自分が全国に連れて行くという強い気持ちで興国に入りました。監督を胴上げするのが目標だったので、それができてよかったです。

 

【決勝戦後の杉浦力斗コメント】

――準決勝、決勝と大事なところでゴールを決めましたが、2試合を振り返ってどうですか?

プレーとしては自分がチームに貢献した場面は少ないと思うのですが、得点という形で貢献できたことが一番良かったと思います。

――決勝戦のゴールシーンを振り返って。

カバ(樺山)からボールが来て、トラップした瞬間にゴールとキーパーの位置が見えていたので、あのコースに流し込むイメージができていました。いつもはああいう場面でシュートをふかしたりしていたんですけど、最近は監督から「脱力!」と言われていたので、力を入れすぎずにコースを狙って、膝下だけで振るイメージで蹴りました。

――監督は「杉浦は目立たないところで相手をひきつけたり、味方のためのスペースを作っている」と評価していましたが、どんなことを意識してプレーしていますか?

常に相手の背後を狙うことは考えています。相手からすると、背後を狙われるのは一番嫌だと思うんです。スピードを活かして相手の背後に走ることで、相手のラインも下がりますし、最終ラインと中盤にスペースができます。そこでカバ(樺山)やカズキ君(下村)とかが仕事ができるように。そのスペースを作るのも、自分の仕事かなと思います。

――全国ではどんなプレーを見せたいですか?

スピードを活かしたプレーとシュートを決めるプレーを見せたいです。目標は全国優勝と得点王です。

 

【写真ギャラリー】

1_compressed

左から田路耀介、芝山和輝、橋本丈の3年生トリオ

 

7_compressed

 

5_compressed

 

6_compressed

 

8_compressed

 

2_compressed

 

話題作『興國高校式Jリーガー育成メソッド 』(竹書房)の一部を無料公開!
http://www.footballedge.jp/archives/6960

 

内野智章監督の著書はこちら。興国の強さの秘密がわかります。

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事