2015.10.29 Thu

Written by EDGE編集部

アジア

「日本の個の力は弱くなってしまうのではないか」タイに渡って感じた、日本サッカーの特殊性/青山直晃インタビュー

edge002

――W杯予選のタイは、最終予選進出の可能性が高く、日本との対戦も考えられます。現状、タイは日本の脅威になると思いますか?

青山:そこは難しいところですよね。日本は組織がしっかりしているので、なかなか点は与えない。タイはイケイケのサッカーをするので、失点の可能性も高いと思います。今のところ、直接対決をすれば日本のほうに分があるかなという感じはしますが、やってみなければわかりません。

――ムアントン・ユナイテッドには、タイ代表選手も多く所属しています。彼らの能力はどう感じていますか?

青山:チームのレベルは本当に高いと思います。特に10番のムイ(ティーラシン・デンダーのニックネーム)の能力は、想像を絶するものがあります。最初は映像で見たのですが「こんな選手がいるのか」とびっくりしました。スピードもあってドリブルもできるし、パスもキープもできてシュートも上手い。本当になんでもできる、オールマイティな選手です。ディフェンダーとしては本当に厄介な選手ですし、最強に近い選手だと思います。

――ティーラシン選手は、近年の東南アジアでは常に最高級の評価をされてきました。彼がJリーグでプレーしたらどうなるでしょうか?

青山:それはすごく考えるんですけど、いざJリーグに行ったらどうなるのかは、想像が難しいですね。能力があるのは間違いないのですが、実際にどこのポジションになるのか。日本のフォワードは動き回って頑張る選手が多いですが、そういうタイプではないですし、技術は高いけれど中盤の選手でもない。相手にしたら本当に嫌な選手なので、やってみないとわかりませんが、さっきも言ったように日本のサッカーが特殊なので、フィットするのかはわかりません。でも、彼だけじゃなく、タイには能力の高い選手がたくさんいるので、トライしてみてほしいですね。

<後編はこちら>

「新しい環境で、相手をぶっ潰す気持ちで戦いたい」青山直晃が日本を離れた理由/インタビュー後編

<プロフィール>
青山直晃(あおやま・なおあき)
1986年、愛知県生まれ。前橋育英高卒業後、清水エスパルスに加入。5シーズンで121試合に出場した後、2011、12年は横浜F・マリノスでプレー。2013年にヴァンフォーレ甲府へ移籍。2015年より戦いの場をタイに移し、ムアントン・ユナイテッドFCでプレーしている。北京五輪アジア予選代表、2006年アジアカップ予選メンバー。

<あわせて読みたい>

「全選手がFacebookのカバー写真を三浦監督にチェンジ。異国で信頼を勝ち取るまで」三浦泰年監督インタビュー

TOPページ広告

1 2 3

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事