2017.07.13 Thu

Written by EDGE編集部

アジア

海を渡った指導者たち〜第11回・比嘉リカルド(深圳南岭鉄狼コーチ)後編

前1

ホテルのカフェでランチを頬張るリカルドが、中国での食事情を語り始める。「このホテルにいる限り、食事面は大丈夫です。でも遠征で他の街に行った時は本当にキツいです。私はコーチですからまだ良いけど、外国人の選手(ブラジル人とイラン人)には、中華料理だけという環境は耐えられない。全体の食事が終わった後に、食べられそうなレストランを一緒に探しに行くんですよ」(文・写真 池田宣雄)

▶︎ 本文を読む