2016.09.08 Thu

Written by EDGE編集部

フットサル

【Futsal Baton Project】バルドラール浦安セグンドの菊池拓哉選手達が調布中サッカー部を指導!

夏特有の厚い雲が空を覆い、汗ばむような天候の中『Futsal Baton Project』のメンバーが、東京都調布市の『調布中学校サッカー部』にてフットサル指導をおこなった。会場は子ども達によって作られたフットサルコート。メンバーは砂埃が舞うピッチに懐かしさを口にしながら、蝉の鳴き声に負けぬ大きな声でフットサルの楽しさを伝えていた。終了後、キーパーを中心に指導にあたった菊池拓哉選手(バルドラール浦安セグンド)に話を聞いた。

▶︎ 本文を読む
Ranking
1 アマチュアフットボーラーの挑戦・渡邉俊介「日本一を目指す経営者が注ぐ、サッカーとオーガニックコットンへの情熱」 2 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 3 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 4 部活動の“外部コーチ”を19年経験した筆者が思う、外部コーチと学校の理想的な関係【久保田コラム】 5 サッカーで速く、強くプレーするためのコツとは? 日本式“ひざ歩行”と欧米式“腰歩行”の違い 6 「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編) 7 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 8 幸野健一のエッジな人「日本人で唯一、カタールの最先端育成施設アスパイア・アカデミーで指導をした男」八橋健一 9 【久保田コラム】高校サッカー名勝負「聖和学園対野洲〜生き方は誰にも批判できない」のはなし 10 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】