2016.05.30 Mon

Written by EDGE編集部

アジア

【最終節】香港在住ビジネスマンが始める、サッカー事業の軌跡「中国が欲する、日本人の育成指導者」

近年、アジアでサッカービジネスに関わる日本人が増えてきた。香港在住15年を数える、池田宣雄氏もそのひとりだ。32歳のときに香港で起業し、コーポ レートコンサルタントを営むかたわら、サッカーに関する様々な業務のコーディネーターとしても活動している。金融の街としても知られる香港より、スポーツ ×ビジネスの観点からエッセイ(アーカイブ)をお届けする。(文・写真 池田宣雄)

▶︎ 本文を読む