2015.12.01 Tue

Written by EDGE編集部

育成・トレーニング

サッカーで速く、強くプレーするためのコツとは? 日本式“ひざ歩行”と欧米式“腰歩行”の違い

練習は週に3回、1回の練習は60分~90分という限られた時間の中でトレーニングを積み、全国大会出場を成し遂げた、静岡県の聖光学院高校ラグビー部。同校の外部コーチとして、『練習外の時間』をトレーニングに当てるという逆転の発想でフィジカルを向上させたのが、常葉大学陸上部監督の里大輔コーチだ。(前回の記事はこちら)。里コーチの専門種目は陸上で、今年の和歌山国体では、4×100mリレーで全国優勝を果たすなど、確かな実績を残している。ラグビーでは、U-17、18日本代表チームのスペシャルコーチとしても活動。サッカーではドイツ・ブンデスリーガでプレーする、山田大記選手(元ジュビロ磐田・背番号10)のパーソナルコーチを務めている。

▶︎ 本文を読む