2015.07.21 Tue

Written by EDGE編集部

Jリーグ&国内

44歳で全国大会出場をめざすアマチュアフットボーラー。夢の舞台、目前で散る(後編)

好評連載「アマチュアフットボーラーたちの挑戦」のホストを務める中村篤次郎さん。今年44歳になる、元野球少年の夢はサッカーでの『全国大会出場』です。中村さんが所属する『パテオFCシニア』は、北信越大会でグループ1位に入れば、悲願の全国大会出場が決まるところまでこぎつけました。最終戦の相手はライバル・富山一高OB。はたして、試合の結末はいかに。(文 中村篤次郎)

▶︎ 本文を読む
Ranking
1 久保田コラム「日本語のサッカー指導で世界をひっくり返す(2)」「ドリしろ!」で効果的なプレーはできるのか? 2 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 3 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 4 部活動の“外部コーチ”を19年経験した筆者が思う、外部コーチと学校の理想的な関係【久保田コラム】 5 【少年サッカー移籍問題6】移籍問題解決に向けて、日本サッカー協会から通達が出される! 6 サッカーで速く、強くプレーするためのコツとは? 日本式“ひざ歩行”と欧米式“腰歩行”の違い 7 【久保田コラム】園児は僕らの先生。サッカーを“習いに来る子”とサッカーを“しに来る子”の違いのはなし 8 久保田コラム「日本語のサッカー指導で世界をひっくり返す(1)」和訳サッカー用語と本質のズレ 9 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 10 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】