2015.04.22 Wed

Written by EDGE編集部

インタビュー&コラム

【インタビュー】そのボトムアップ、本物ですか? 育成年代の指導者が語る、ボトムアップ本質論(1)

写真:Hirama Takashi

育成年代の指導現場において、注目されている指導法がある。それが『ボトムアップ』だ。これは指導者と選手が縦関係になるトップダウンではなく、選手主導でチーム運営を行う方法で、安芸南高校の畑喜美夫監督が提唱し、全国で広がりを見せている。旧態依然とした上意下達指導のアンチテーゼとして、各地で導入されているボトムアップ。今回はボトムアップ型の指導をいち早く導入し『選手たちの自主性を伸ばして、成長させる』手法で指導にあたる、幸野健一(アーセナルSS市川)、久保田大介(SUERTE juniors 横浜)、末本亮太(大豆戸FC)各氏にボトムアップの現状と課題を話してもらった。(聞き手・構成 鈴木智之 FootballEDGE編集長/写真 平間喬)

▶︎ 本文を読む