2015.03.25 Wed

Written by EDGE編集部

アジア

【インタビュー前編】18ヶ国でプレーした男、伊藤壇が求めた新天地はブータン

写真:Tatsunari Honda

近年、アジアの国々でプレーする日本人が急増しているが、この人は先駆けと言っていいだろう。伊藤壇、39歳。大学卒業後、ブランメル仙台でプレーを始め、日本、シンガポール、オーストラリア、ベトナム、香港、タイ、マレーシア、ブルネイ、モルディブ、マカオ、インド、ミャンマー、ネパール、カンボジア、フィリピン、モンゴル、ラオス、ブータンと、18の国・地域のリーグでプレーしている。今回はブータンへ旅立つ直前にインタビューを敢行。新天地へ渡る経緯を語ってもらった。(文・写真 本多辰成)

▶︎ 本文を読む