EDGE編集部

Jリーグ&国内

久保田コラム「日本語のサッカー指導で世界をひっくり返す(5)」合気道、柔道、キックに学ぶ、イニエスタの間合い

2020.03.31 Tue

日本語の可能性をサッカーに落とし込むことで、日本人に合った指導、サッカーができるのではないか? そう考える、久保田大介氏による人気コラム。連載5回目は合気道、柔道、キックボクシングの経験者に、「間合い」についての考え方を聞きました。(文・久保田大介)

▶︎ 続きを読む

2020「東京クラシコ」新シーズンに向け、参加チーム募集開始!

2020.03.24 Tue

2015年に創設され、東京都全域にて公式戦の少ない低学年U-8カテゴリーからU-12のBチームリーグまで幅広く実施されている、延べ約100チームが集う「東京クラシコ」の参加申込が開始された。(記事提供:ユーロプラスインターナショナル)

▶︎ 続きを読む
Jリーグ&国内

久保田コラム「日本語のサッカー指導で世界をひっくり返す(4)」武道の間合いと呼吸でイニエスタを育てる

2020.02.10 Mon

これまでの当コラムでは、サッカーの現場において「日本語」をもっとうまく活用して指導に活かす、という観点で書いてきましたが、今回は少し主眼を変え「日本ならではのもの」をサッカーに活かせないか、という観点で書いてみたいと思います。日本文化の一つである「武道」から学べること、そしてサッカーに活かせる日本語とは。(文・久保田大介)

▶︎ 続きを読む
Jリーグ&国内

野洲高校の全国優勝 その後を描いた『2020年のセクシーフットボール』掲載

2019.12.30 Mon

野洲

Web Sportivaにて、フットボールエッジ編集長の鈴木が執筆した『2020年のセクシーフットボール』が掲載されました。これは、伝説に残る攻撃サッカーで全国優勝を成し遂げた、滋賀県立野洲高校の優勝への軌跡を辿るとともに、選手たちのその後を追った物語です。

▶︎ 続きを読む
ヨーロッパ

ジョルジ・カステロ氏が来日! ポルトガル・サンタレンサッカー協会公認取得指導者講習会開催!

2019.12.15 Sun

欧州でトップレベルの「育成大国」といわれるポルトガルのサッカーのメソッドを学べる数少ないチャンス。サッカー指導者対象、ポルトガル・サンタレンサッカー協会公認“コーチングベーシック”が「日本で」「たった2日間で」取得できるプログラムがIFCOにて初開催される。(記事提供:ユーロプラスインターナショナル)

▶︎ 続きを読む
高校&ユース

2019年 全国高校サッカー選手権大阪府予選決勝 興国対阪南大高 樺山諒乃介、杉浦力斗コメント。写真ギャラリー

2019.11.17 Sun

2019年11月6日、ヤンマースタジアム長居で第98回全国高校サッカー選手権大阪府予選決勝が行われ、興国高校が阪南大高校に2対0で勝利。悲願の初優勝を果たした。

▶︎ 続きを読む
インタビュー&コラム

久保田コラム「日本語でのサッカー指導で世界をひっくり返す(3)」サッカーにおける、見ると観る、眺めるの違い

2019.11.15 Fri

日本語の良さを最大限に活かして指導をすることで、日本サッカーのレベルアップを目論む久保田大介氏による新連載。今回は日本語の持つ抽象性の利用、イメージとして言葉を共有すること。解釈の差こそ自由であるというお話です。

▶︎ 続きを読む
インタビュー&コラム

久保田コラム「日本語のサッカー指導で世界をひっくり返す(2)」「ドリしろ!」で効果的なプレーはできるのか?

2019.10.28 Mon

日本語の良さを最大限に活かして指導をすることで、日本サッカーのレベルアップを目論む久保田大介氏による新連載。大好評の2回目は、海に流された小学生が「背浮き」を知っていたことから、九死に一生を得た話から始まります。

▶︎ 続きを読む
ヨーロッパ

日本初!ディナモ・ザグレブから学ぶ!クロアチア・ベーシックコーチング取得プログラム開催!

2019.10.03 Thu

欧州でトップレベルの「育成大国」といわれる、クロアチアのサッカーメソッドを学べる数少ないチャンス。サッカー指導者対象の「ディナモ・ザグレブ公認“コーチングベーシック”」が、「日本で2日間で」取得できるプログラムがIFCOにて初開催いたします。(記事提供:ユーロプラスインターナショナル)

▶︎ 続きを読む
Jリーグ&国内

久保田コラム「日本語のサッカー指導で世界をひっくり返す(1)」和訳サッカー用語と本質のズレ

2019.10.03 Thu

「ひとつの言葉で様々な情景を連想することのできる『日本語』を、サッカー用語に置き換えて、具体的に指導していくことで、日本サッカーの発展を加速させることができると信じて実践しています」と語る、久保田大介氏の新コラムがスタートします。 

▶︎ 続きを読む