フットサル

『Futsal Baton Project』が明海FCでフットサルを指導!

2017.05.15 Mon

2017年4月下旬『Futsal Baton Project』のメンバーが、明海FCでフットサル巡回指導をおこなった。終了後、指導にあたった菅谷選手(ペスカドーラ町田アスピランチ)に話を聞いた。

▶︎ 続きを読む
Jリーグ&国内

第1回テックボールワールドカップにWASSE選手と菅原佳奈枝選手の出場が決定!

2017.05.15 Mon

卓球とサッカーの特長をミックスした新スポーツ『テックボール(Teqball)』の普及および、第1回テックボールワールドカップに日本代表選手を出場させるため、日本テックボール協会が設立され、日本代表としてWASSE選手と菅原佳奈枝選手の出場が決定した。

▶︎ 続きを読む
アジア

海を渡った指導者たち〜第9回・若杉秀俊(広州富力U-12監督)後編

2017.04.03 Mon

若杉秀俊(以下、若杉)は、中国スーパーリーグ広州富力のユースアカデミーに招聘されて、U-12チームの監督を務めている。2016年から正式に立ち上がったユースアカデミーに、いの一番で招聘された指導者だ。(文・写真 池田宣雄)

▶︎ 続きを読む
アジア

海を渡った指導者たち〜第9回・若杉秀俊(広州富力U-12監督)前編

2017.03.29 Wed

「ハーイ! コーチ!」「ハロー! ワカ!」。若杉秀俊(以下、若杉)が小学校の校庭に姿を現すと、ボールを蹴りたくて仕方がない子供たちが、次々と声を掛けてくる。早朝からの授業を終えて、やや疲れた表情の生徒もいれば、快活で元気な子の姿もある。広州の交通の要所、広州東駅から地下鉄を乗り継いで45分ほどの郊外にある高塘石小学校が、若杉が平日の夕方に指導する、市内有数のサッカー強豪校だ。(文・写真 池田宣雄)

▶︎ 続きを読む
育成・トレーニング

2016-17 U-11プレミアリーグチャンピオンシップ。大宮アルディージャジュニアが優勝を果たす!

2017.03.22 Wed

2017年3月19、20日、U-11プレミアリーグチャンピオンシップが千葉県の北市川フットボールフィールドで行われ、決勝戦で大宮アルディージャジュニア(埼玉県)と高部JFC(静岡)が対戦。1対1で延長戦にもつれこんだ熱戦は、PK戦の末に大宮アルディージャジュニアが勝利し、見事、第二代チャンピオンに輝いた。

▶︎ 続きを読む
Jリーグ&国内

日本初のスポーツバーが誕生! 障がい者就労で運営し、障がい者スポーツを普及する「E’s cafe」ってなに?

2017.03.20 Mon

2017年3月1日。多摩市のフットサルグラウンドの隣に、日本初のスポーツバーがオープンしました。「グラウンドの隣にカフェバーがあったらいいよね」。フットボール好きなら、そんな会話をしたことがある人は多いんじゃないでしょうか。今回紹介する、神一世子(じん いよこ)さんもその一人でした。神さんはその施設を「障がい者就労」で運営し、障がいを持つサッカー選手が仕事もサッカーも両立できる場所づくりを目指しています。(文:加藤遼也/love.fútbol)

▶︎ 続きを読む
アジア

3月25、26日、2日間限定の「SHUKYU Shop」が原宿 VACANTで開催

2017.03.20 Mon

3月25、26日、アジアを拠点にサッカーやスポーツをテーマにした物作りをする、東京のCITY BOYS FC × 韓国・ソウルのNivelcrack × マレーシア・クアラルンプールのOBSCRとのコラボレーションにより、SHUKYU Magazineによる「SHUKYU Shop」が、原宿 VACANTで開催される。

▶︎ 続きを読む
育成・トレーニング

【少年サッカー移籍問題6】移籍問題解決に向けて、日本サッカー協会から通達が出される!

2017.03.13 Mon

2016年6月よりフットボールエッジで特集を組み、雑誌『ジュニアサッカーを応援しよう!」(カンゼン社)など、他メディアでも大きく扱われるなど、多くの反響を呼んだ「少年サッカー移籍問題」。問題提起から10ヶ月が経った2017年3月9日、公益財団法人日本サッカー協会(以下JFA)より、2017年度第3回理事会において、アマチュア選手の移籍を統括する地域サッカー協会、都道府県サッカー協会、各種連盟に宛てて「移籍に関する手続きの加盟チームへの周知徹底および大会要項等における出場資格の適正化について」という文書が通達された。

▶︎ 続きを読む
アジア

海を渡った指導者たち〜第8回・喜熨斗勝史(広州富力トップチームコーチ)後編

2017.03.02 Thu

2015年シーズン終盤、ドラガン・ストイコビッチ監督率いる広州富力は、中国スーパーリーグからの降格危機を脱した。翌2016年シーズンは中盤戦から徐々に順位を上げ、最終的に北京国安に次ぐ6位でリーグ戦を終えた。広州富力トップチームコーチの喜熨斗勝史(以下、喜熨斗)は、2016年シーズンよりトップチームの指導と兼任する形で、ユースアカデミーのテクニカルディレクターに就任している。

▶︎ 続きを読む
アジア

海を渡った指導者たち〜第8回・喜熨斗勝史(広州富力トップチームコーチ)前編

2017.02.24 Fri

中国スーパーリーグの広州富力が、AFCチャンピオンズリーグに初出場を果たしたのは2015年。ガンバ大阪、城南FC、ブリーラム・ユナイテッドと同組となった広州富力は、グループ最下位に沈み大会を去った。同年の国内リーグ戦でも不振を極めた広州富力は、中盤戦以降を残留・降格ラインで戦う状況に陥り、コスミン・コントラ監督を更迭した上で、残留を懸けて終盤戦を戦っていた。

▶︎ 続きを読む