Jリーグ&国内

久保田コラム「日本語のサッカー指導で世界をひっくり返す(1)」和訳サッカー用語と本質のズレ

2019.10.03 Thu

「ひとつの言葉で様々な情景を連想することのできる『日本語』を、サッカー用語に置き換えて、具体的に指導していくことで、日本サッカーの発展を加速させることができると信じて実践しています」と語る、久保田大介氏の新コラムがスタートします。 

▶︎ 続きを読む
Jリーグ&国内

2019年10月、福島で開催される『全国シニアサッカー“裏選手権”』開催への想い

2019.09.25 Wed

2019年10月12日~13日。福島のJヴィレッジで大人たち(O-40)のサッカー大会が行なわれる。第1回目となるこの大会には、全国各地の強豪チームが参加。奈良からTONAN CLUB(関西大会3位)。北信越大会3位のアルフット安曇野。東海大会優勝の羅針盤倶楽部NAGOYA。強豪ひしめく東京からはエリース東京とレアル東京、Tドリームス。埼玉代表のFC西武台シニア、茨城代表ドリーム水戸シニアFC。その他にも京都、三重、そして福島・・・。今年度の全国大会出場は叶わなかったが、大人になっても真剣にサッカーに取り組むチームが集結する『裏選手権』を開催するに至った経緯を、発起人である、アマチュアフットボーラーの中村篤次郎氏が綴った。(タイトル写真:Naomi)

▶︎ 続きを読む
育成・トレーニング

話題作『興國高校式Jリーガー育成メソッド 』(竹書房)の一部を無料公開!

2019.03.12 Tue

2018年12月に出版し、大きな話題を呼んでいる『興國高校式Jリーガー育成メソッド ~いまだ全国出場経験のないサッカー部から、なぜ毎年Jリーガーが生まれ続けるのか?~」(竹書房・刊)。フットボールエッジでは特別に、本書のまえがきとあとがきを掲載する。目次のタイトルだけでも育成や指導の参考になる言葉が並んでいるので、ぜひ目を通してほしい。 

▶︎ 続きを読む
Jリーグ&国内

『女子クラブの視点で考える 最幸なスポーツ環境とまちづくり』セミナーレポート

2019.03.06 Wed

2月21日(木)スポーツフィールド社(東京・市ヶ谷)にて「地域貢献型のスポーツグラウンドづくり講座2019 vol.2」として、東京都荒川区を拠点に活動するNPO法人スポーツカントリーアンビスタ(以下アンビスタ)代表理事の石尾潤氏をゲストにセミナーが開催された。

▶︎ 続きを読む
Jリーグ&国内

選手エージェントを目指す! IFCO公認サッカーエージェント基礎講座開催!

2019.01.11 Fri

サッカー業界において、重要な職業のひとつになっている「エージェント」。選手がプロになる過程において、彼らのサポートが当たり前になってきています。その基礎を学ぶ、IFCO初の認定プログラムを実施いたします。(記事提供:ユーロプラスインターナショナル)

▶︎ 続きを読む

元ジャパンサッカーカレッジの中村彦聖がニュージーランド1部ハミルトンワンダラーズと契約

2018.10.04 Thu

MF中村彦聖が、ニュージーランド1部リーグのハミルトンワンダラーズに入団することが明らかになった。同選手をサポートする、ユーロプラスインターナショナルが発表した。

▶︎ 続きを読む
ヨーロッパ

7/6~20 SHUKYU Magazine&写真家・嶌村吉祥丸のロシアW杯写真展覧イベント開催!

2018.07.10 Tue

phenomenon_4(2)

2018年7月6日から20日にかけて、東京・原宿にてSHUKYU Magazine&写真家・嶌村吉祥丸による、ロシアW杯の写真展覧会とイベントが開催される。

▶︎ 続きを読む
アジア

海を渡った指導者たち〜第13回・星出悠(グローバル・セブFC選手兼任コーチ)後編

2018.06.27 Wed

2015年のシーズン終了後に、UFL1部への昇格を決めたJPヴォルテスFCから、選手兼任監督への就任の要請を受けた星出は、所属するグローバル・セブFCとの契約延長か、ヴォルテスへの移籍かの二択を迫られる。現役続行の意欲が勝る状況の中、星出はひとつの決断を下す。熟慮に熟慮を重ねた末に下した決断は、選手続行と監督就任を両立するプレイングマネージャーとしてのチーム移籍だった。自身6度目のチーム移籍を決断した当時の経緯から現在に至る月日を、星出は言葉を選びながらゆっくりと語り始めた。【取材・文=池田宣雄(マニラ)】(写真提供:星出悠)

▶︎ 続きを読む
アジア

海を渡った指導者たち〜第13回・星出悠(グローバル・セブFC選手兼任コーチ)前編

2018.06.22 Fri

筆者が星出悠という日本人選手を認識したのは、2012年に読んだ一冊の本「越境フットボーラー」だった。 “トリニダード・トバゴ四冠の男”として登場した星出(本人によると実際には四冠ではなく六冠)が、アメリカの下部リーグを経て、カリブ海の島国に渡って活躍しているという。英雄ドワイト・ヨークを輩出した小さな島でプレーする日本人選手がいることがあまりにも印象的で、本に登場する他の選手たちの記述をほとんど覚えていない。星出はその後、インドを経てフィリピンに活躍の場を移す。筆者が「越境フットボーラー」を香港で読んでいた時には、すでに名門グローバルFCに移籍していたのだ。【取材・文=池田宣雄(マニラ)】(写真提供:星出悠)

▶︎ 続きを読む
育成・トレーニング

プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2018 FCパーシモンが大宮アルディージャジュニアに勝ち、初優勝!

2018.03.13 Tue

2018年3月11日、千葉県市川市の北市川フットボールフィールドにて、第3回プレミアリーグU-11チャンピオンシップが開催され、FCパーシモン(神奈川県代表)が大宮アルディージャジュニア(埼玉県代表)を2対1で破り、初優勝に輝いた。

▶︎ 続きを読む