ヨーロッパ

オンラインで初開催!レアル・マドリードの現役スカウトから学ぶ! スペインサッカースカウト認定書取得プログラム

2020.05.13 Wed

この度、ユーロプラスインターナショナル・グループの一般社団法人国際サッカーコーチング&マネジメント認証機構(IFCO)とレアル・マドリードの現役スカウトのマリオ氏が協力し、レアル式のスカウト講習会を実施することになりました。

▶︎ 続きを読む
Jリーグ&国内

大学サッカー同好会名鑑 Vol.2「関東同好会の新鋭・早稲田大学FC GUSTA」

2020.05.09 Sat

早稲田大学のサッカーサークル、関東同好会の強豪は歴史の長いチームが多い。その中でFC GUSTAは2009年設立と新しいチームだ。10期生となる現在の幹部の中から6名(下浦、栗原、齊藤、杉本、山本、神居)に、短期間で強豪の仲間入りを果たした理由を聞いた。(文・写真:大学サッカー同好会名鑑編集部)(記事提供:ユーロプラスインターナショナル)

▶︎ 続きを読む
ヨーロッパ

オンラインで初開催!ドイツサッカースカウト認定書取得プログラム

2020.04.29 Wed

2020年5月18日、ドイツ式の選手スカウト法をバイエルン・ミュンヘンの現役スカウトから「オンラインで」「1日間で」学べるプログラムが開催される。(記事提供:ユーロプラスインターナショナル)

▶︎ 続きを読む
ヨーロッパ

オンラインで初開催!スペインサッカー指導者ライセンス「モニトール」自宅受講 特別プログラム!

2020.04.17 Fri

2020年5月9日、スペインの指導者ライセンス“モニトール”が「オンラインで」「1日間で」取得できるプログラムが開催!今だからこそ、学ぶべきプログラムです!(記事提供 ユーロプラスインターナショナル) 

▶︎ 続きを読む
Jリーグ&国内

久保田コラム「日本語のサッカー指導で世界をひっくり返す(5)」合気道、柔道、キックに学ぶ、イニエスタの間合い

2020.03.31 Tue

日本語の可能性をサッカーに落とし込むことで、日本人に合った指導、サッカーができるのではないか? そう考える、久保田大介氏による人気コラム。連載5回目は合気道、柔道、キックボクシングの経験者に、「間合い」についての考え方を聞きました。(文・久保田大介)

▶︎ 続きを読む
Jリーグ&国内

久保田コラム「日本語のサッカー指導で世界をひっくり返す(4)」武道の間合いと呼吸でイニエスタを育てる

2020.02.10 Mon

これまでの当コラムでは、サッカーの現場において「日本語」をもっとうまく活用して指導に活かす、という観点で書いてきましたが、今回は少し主眼を変え「日本ならではのもの」をサッカーに活かせないか、という観点で書いてみたいと思います。日本文化の一つである「武道」から学べること、そしてサッカーに活かせる日本語とは。(文・久保田大介)

▶︎ 続きを読む
Jリーグ&国内

野洲高校の全国優勝 その後を描いた『2020年のセクシーフットボール』掲載

2019.12.30 Mon

野洲

Web Sportivaにて、フットボールエッジ編集長の鈴木が執筆した『2020年のセクシーフットボール』が掲載されました。これは、伝説に残る攻撃サッカーで全国優勝を成し遂げた、滋賀県立野洲高校の優勝への軌跡を辿るとともに、選手たちのその後を追った物語です。

▶︎ 続きを読む
高校&ユース

2019年 全国高校サッカー選手権大阪府予選決勝 興国対阪南大高 樺山諒乃介、杉浦力斗コメント。写真ギャラリー

2019.11.17 Sun

2019年11月6日、ヤンマースタジアム長居で第98回全国高校サッカー選手権大阪府予選決勝が行われ、興国高校が阪南大高校に2対0で勝利。悲願の初優勝を果たした。

▶︎ 続きを読む
インタビュー&コラム

久保田コラム「日本語のサッカー指導で世界をひっくり返す(2)」「ドリしろ!」で効果的なプレーはできるのか?

2019.10.28 Mon

日本語の良さを最大限に活かして指導をすることで、日本サッカーのレベルアップを目論む久保田大介氏による新連載。大好評の2回目は、海に流された小学生が「背浮き」を知っていたことから、九死に一生を得た話から始まります。

▶︎ 続きを読む
Jリーグ&国内

久保田コラム「日本語のサッカー指導で世界をひっくり返す(1)」和訳サッカー用語と本質のズレ

2019.10.03 Thu

「ひとつの言葉で様々な情景を連想することのできる『日本語』を、サッカー用語に置き換えて、具体的に指導していくことで、日本サッカーの発展を加速させることができると信じて実践しています」と語る、久保田大介氏の新コラムがスタートします。 

▶︎ 続きを読む