Jリーグ&国内

2/21(木)東京・市ヶ谷 「女子クラブの視点で考える 最幸なスポーツ環境とまちづくり」セミナー開催!

2019.02.01 Fri

2/21(木)19:30~東京・市ヶ谷にて「女子クラブの視点で考える 最幸なスポーツ環境とまちづくり」 をテーマにしたセミナーが開催される。

▶︎ 続きを読む
育成・トレーニング

3月10日(土)東京・渋谷『日本をひっくり返す覚悟がある 〜 奇才GMによる、新しいクラブ運営』勉強会開催!

2018.02.21 Wed

フットボールエッジのイベントにも登壇してくれた、バニーズ京都SCゼネラルマネジャー、京都精華学園サッカー部監督の越智健一郎氏のセミナーが、3月10日(土)東京・渋谷で開催される。

▶︎ 続きを読む
フットサル

『Futsal Baton Project』が、関東第一高校の女子選手にフットサルを指導!

2018.02.06 Tue

1月下旬『Futsal Baton Project』のメンバーが関東第一高等学校にて、同プロジェクトで初めてとなる女子選手による女子チームへのフットサル巡回指導を行った。終了後、指導にあたった伊藤亜樹子選手に話を聞いた。

▶︎ 続きを読む
高校&ユース

「SHUKYU Magazine」4号目が完成! テーマは「ユース」

2017.07.01 Sat

フットボールカルチャーマガジン「SHUKYU Magazine」の4号目が完成した。テーマは「ユース」。部活の風景や部活弁当、中村俊輔・岩政大樹の元日本代表選手へのインタビュー、嶌村吉祥丸が撮り下ろした小学生サッカー。様々な業界の方々が答える思い出のスパイクなど、今号も多彩な内容を収録。

▶︎ 続きを読む
育成・トレーニング

【少年サッカー移籍問題6】移籍問題解決に向けて、日本サッカー協会から通達が出される!

2017.03.13 Mon

2016年6月よりフットボールエッジで特集を組み、雑誌『ジュニアサッカーを応援しよう!」(カンゼン社)など、他メディアでも大きく扱われるなど、多くの反響を呼んだ「少年サッカー移籍問題」。問題提起から10ヶ月が経った2017年3月9日、公益財団法人日本サッカー協会(以下JFA)より、2017年度第3回理事会において、アマチュア選手の移籍を統括する地域サッカー協会、都道府県サッカー協会、各種連盟に宛てて「移籍に関する手続きの加盟チームへの周知徹底および大会要項等における出場資格の適正化について」という文書が通達された。

▶︎ 続きを読む
育成・トレーニング

東京都クラブユース(U-17)選手権決勝 FC東京U-18・佐藤一樹監督コメント

2017.02.13 Mon

2017年2月11日、東京の味の素フィールド西が丘で、東京都クラブユース(U-17)選手権決勝が行われ、FC東京U-18が東京ヴェルディユースに4対1で勝利しました。取材エリアに「もう、明日の練習試合のことしか考えていないです。次、次という(笑)」と言いながら来てくれた、佐藤監督の試合後のコメントをお届けします。

▶︎ 続きを読む
育成・トレーニング

東京都クラブユース(U-17)選手権決勝 東京Vユース・永井秀樹監督コメント

2017.02.13 Mon

2017年2月11日、東京の味の素フィールド西が丘で、東京都クラブユース(U-17)選手権決勝が行われ、FC東京U-18が東京ヴェルディユースに4対1で勝利しました。就任直後のため「まだほとんど何もしていないから」と言いながら、取材に応じてくれた東京ヴェルディユースの永井秀樹監督のコメントをお届けします。

▶︎ 続きを読む
インタビュー&コラム

真岡高校サッカー部・後藤智亮主将のCLIMB DB活用法「成果が見てわかるので、モチベーションになる」

2016.12.19 Mon

選手1

全国大会出場を目指して、チーム力アップに励む、栃木県立真岡高校サッカー部。古豪として知られる同チームは、2016年より、選手のコンディション管理ツール「CLIMB DB」を導入し、チーム強化を図っている。キャプテンとしてチームをまとめる後藤智亮選手は、CLIMB DBを日々のトレーニングにどう役立てているのだろうか?(記事提供:CLIMB Factory株式会社)

▶︎ 続きを読む
インタビュー&コラム

「選手の自立にCLIMB DBを活用したい」真岡高校サッカー部・川上栄二監督

2016.12.19 Mon

栃木県の伝統校・県立真岡高校は2016年より、選手のコンディション管理データーベース「CLIMB DB」を導入し、チーム強化に役立てている。全国大会出場を目指す名門が力を入れる、選手を自立させるための取り組みとは?(記事提供:CLIMB Factory株式会社)

▶︎ 続きを読む
フットサル

『Futsal Baton Project』が東京都の「稲城第二中学校サッカー部」でフットサル指導を実施!

2016.12.13 Tue

木々の紅葉も進んだ11月下旬、『Futsal Baton Project』のメンバーが、東京都稲城市の「稲城第二中学校サッカー部」にてフットサル指導を行った。終了後、指導にあたった江藤綸汰朗選手(フウガドールすみだバッファローズ)に話を聞いた。

▶︎ 続きを読む
Ranking
1 アマチュアフットボーラーの挑戦・渡邉俊介「日本一を目指す経営者が注ぐ、サッカーとオーガニックコットンへの情熱」 2 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 3 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 4 部活動の“外部コーチ”を19年経験した筆者が思う、外部コーチと学校の理想的な関係【久保田コラム】 5 サッカーで速く、強くプレーするためのコツとは? 日本式“ひざ歩行”と欧米式“腰歩行”の違い 6 「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編) 7 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 8 幸野健一のエッジな人「日本人で唯一、カタールの最先端育成施設アスパイア・アカデミーで指導をした男」八橋健一 9 【久保田コラム】高校サッカー名勝負「聖和学園対野洲〜生き方は誰にも批判できない」のはなし 10 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】