Jリーグ&国内

アマチュアフットボーラーたちの挑戦 第2回 林茂(HAYASHI WATCH-WORKS代表取締役)前編

2018.07.09 Mon

島根FCいずも戦 ④

「アマチュアフットボーラーたちの挑戦」の第1回ゲスト、林茂さん(HAYASHI WATCH-WORKS代表取締役)が、2018年7月6日に永眠されました。最後までサッカーを楽しみ、サッカーを愛した林さんに敬意を示すとともに、謹んで哀悼の意を表します。(フットボールエッジ編集長・鈴木智之)※記事初出:2015年5月11日

▶︎ 続きを読む
アジア

海を渡った指導者たち〜第13回・星出悠(グローバル・セブFC選手兼任コーチ)後編

2018.06.27 Wed

2015年のシーズン終了後に、UFL1部への昇格を決めたJPヴォルテスFCから、選手兼任監督への就任の要請を受けた星出は、所属するグローバル・セブFCとの契約延長か、ヴォルテスへの移籍かの二択を迫られる。現役続行の意欲が勝る状況の中、星出はひとつの決断を下す。熟慮に熟慮を重ねた末に下した決断は、選手続行と監督就任を両立するプレイングマネージャーとしてのチーム移籍だった。自身6度目のチーム移籍を決断した当時の経緯から現在に至る月日を、星出は言葉を選びながらゆっくりと語り始めた。【取材・文=池田宣雄(マニラ)】(写真提供:星出悠)

▶︎ 続きを読む
アジア

海を渡った指導者たち〜第13回・星出悠(グローバル・セブFC選手兼任コーチ)前編

2018.06.22 Fri

筆者が星出悠という日本人選手を認識したのは、2012年に読んだ一冊の本「越境フットボーラー」だった。 “トリニダード・トバゴ四冠の男”として登場した星出(本人によると実際には四冠ではなく六冠)が、アメリカの下部リーグを経て、カリブ海の島国に渡って活躍しているという。英雄ドワイト・ヨークを輩出した小さな島でプレーする日本人選手がいることがあまりにも印象的で、本に登場する他の選手たちの記述をほとんど覚えていない。星出はその後、インドを経てフィリピンに活躍の場を移す。筆者が「越境フットボーラー」を香港で読んでいた時には、すでに名門グローバルFCに移籍していたのだ。【取材・文=池田宣雄(マニラ)】(写真提供:星出悠)

▶︎ 続きを読む
インタビュー&コラム

部活動の“外部コーチ”を19年経験した筆者が思う、外部コーチと学校の理想的な関係【久保田コラム】

2017.11.22 Wed

以前、このコラムで自身の経験も含めて、部活動の問題について書きました。今、部活動に問題を抱えている学校は多いと思いますが、その要因の大部分は、学校側・先生側にあると、僕は勝手に思っています。外部コーチを受け入れない閉鎖的な体質。受け入れても、単なる駒のように扱う顧問の先生たち。それを知らぬ存ぜぬで隠蔽して済まそうとする管理職。それにより、心も体も傷つけられている外部コーチの存在を、多く知っています。(文・久保田大介/スエルテ横浜)

▶︎ 続きを読む
インタビュー&コラム

「モヤモヤした気持ちを抱えてプレーしている子をサポートしたい」元FC東京DF中村亮が語る、アメリカ留学の可能性

2017.10.25 Wed

中村1

好評連載、アマチュアフットボーラーたちの挑戦。特別編の今回は、かつてFC東京でプレーし、引退後は教員や歌手を経て、留学会社WithYou(ウィズユー)の代表を務める中村亮さんの登場です。大学時代はユニバーシアード代表に選ばれるなど、将来を嘱望された中村さんはケガの影響もあり、2年でプロ生活を終えます。その後、どのような活動を経て、現在の事業を興すに至ったのでしょうか。旧知の仲である、アマチュアフットボーラーの中村篤次郎さんが迫ります。

▶︎ 続きを読む
アジア

海を渡った指導者たち〜第12回・林雅人(浙江杭州女子監督)後編

2017.09.20 Wed

オランダと日本で指導ライセンスを取得し、オランダのフィテッセアカデミーや東京23FCコーチ、浦和レッズ通訳、タイ2部ソンクラー・ユナイテッド監督を経て、2016年から中国女子2部浙江杭州女子のコーチ、翌年から監督を務める林雅人氏。インタビュー後編では、監督論や海外で指導をするための心構えなどを存分に話してもらった。(文・写真 池田宣雄)

▶︎ 続きを読む
アジア

海を渡った指導者たち〜第12回・林雅人(浙江杭州女子監督)前編

2017.09.13 Wed

中国女子2部リーグを戦う浙江杭州女子チームが、広東女子とのアウェーゲームを戦うため、広東省の珠海に入った。試合の前日にフェリーとタクシーを乗り継いで、チームが滞在している珠海郊外のホテルに向かった。部屋に入りWifiに接続して、林雅人監督にWeChat(中国版LINE)でホテル到着の報告とチームのスケジュールを確認する。(文・写真 池田宣雄)

▶︎ 続きを読む
Jリーグ&国内

SC相模原代表・望月重良氏が語る、海外クラブでプロになるための方法

2017.08.24 Thu

SC相模原が今回で5回目となる、海外でプロになりたい選手を対象としたセレクションを開催する。はたして、プロになるためにはどのようなトレーニング、環境が必要なのか。SC相模原の代表を務め、セレクションの発起人でもある望月重良氏に話を聞いた。

▶︎ 続きを読む
アジア

海を渡った指導者たち〜第11回・比嘉リカルド(深圳南岭鉄狼コーチ)後編

2017.07.13 Thu

前1

ホテルのカフェでランチを頬張るリカルドが、中国での食事情を語り始める。「このホテルにいる限り、食事面は大丈夫です。でも遠征で他の街に行った時は本当にキツいです。私はコーチですからまだ良いけど、外国人の選手(ブラジル人とイラン人)には、中華料理だけという環境は耐えられない。全体の食事が終わった後に、食べられそうなレストランを一緒に探しに行くんですよ」(文・写真 池田宣雄)

▶︎ 続きを読む
アジア

海を渡った指導者たち〜第11回・比嘉リカルド(深圳南岭鉄狼コーチ)前編

2017.07.10 Mon

後1

羅湖口岸から中国に入境する。香港から深圳に移動する際に利用するいつものイミグレを通過して、タクシーで目的のホテルに向かう。まだ人々が動き出す前の早朝だったこともあり、思いのほか早く着いてしまう。ホテルのロビーで待っていると、エレベーターホールの方からプラシャツ姿の外国人がひとりふたりと現れる。そして、約束の時間ちょうどに目的の男が降りてきた。(文・写真 池田宣雄)

▶︎ 続きを読む