2015.01.03 Sat

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『やっていることが全部出た』立正大淞南×尚志 両チームコメント

写真:Koga Yosuke

高校サッカー3回戦 立正大淞南対尚志 両チームのコメント

立正大淞南 南健司監督

相手にボールを持たれて苦しいゲームだったが、最終ラインがよくはじき返し続けて、セカンドボールも藤井、平山(のダブルボランチ)がしっかりと拾ってくれた。それが最大の勝因だと思う。平田がシュートを決めたのは初めて見たが、いいキックを持っている選手。よく決めてくれた。2点目は大きなポイントだった。一番やりたいパターン。うちの理想的なやり方。やっていることが全部出た。

 

立正大淞南 平田健人

僕はアシストをしようと思っていたので、点を取ろうとは考えていなかった。押し込んでいたので、こぼれて相手ボールになったら詰めようという狙いで高い位置を取っていただけだった。でも、こぼれてきたときは行けると思った。思い切り振り抜いたら入るかなと思って、とにかくパワーシュートを打った。

 

立正大淞南 高田雅貴

ボールを持ったら、ドリブルだけを考えろと(スタッフには)いわれている。なるべくボールを奪われないようにして、詰まったらワンツーとか、ドリブル発進(ありき)で考えろといわれている。シュートの場面はコースが見えていた。

 

尚志 仲村浩二監督

津田からスルーパスが出ていたし、やりたいサッカーはできていた。守備も2対1を作るところは上手く出来ていたが、スピードとパワーが立正さんにはあって、穴が空いてしまうところがあった。あとは、最初のスーパーシュートにやられてしまったかなと思う。ああいうのが出てくるのが強いチームなのかなと感心した。

 

尚志 林純平

1ゴールも挙げられず、自分のプレーは見せられなかった。プリンスリーグでもプレミア昇格のチャンスがあったのに、そういうときも得点できず、チームに貢献できなかった。選手権での全国制覇しか恩返しをするチャンスがないと思っていたが、できなかった。ケガを(負けた)理由にはできないが、ベストなコンディションでプレーしたかった。

 

尚志 山城廉

終盤は焦りが出て、つなげるところでも前に蹴ってしまった。もう一度、自分たちのペースに戻せれば、逆転もできたと思う。やりにくかったというよりも、とてもやりやすい印象だった。先制点の場面は、サイドハーフが絞ってバイタルエリアでシュートコースを消す守備をしていたが、あの場面ではサイドハーフが寄せていなくて、後ろの選手も(ボールを)見てしまっていた。

 

【立正大淞南対尚志 マッチレポートはコチラ

 

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 【少年サッカー移籍問題4】移籍トラブルに遭ったときの対処法と、ドイツの選手証から読み解く改善例 2 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】 3 「子どものために、使わない理由がない」コーチ、保護者、選手のコミュニケーションツール『CLIMB DB』活用法 4 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 5 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 6 海を渡った指導者たち〜第1回・亘崇詞(広東女子足球隊監督)インタビュー後編 7 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 8 サッカーの力で世界の子どもに夢を。あなたが主役のグラウンド作り love.fútbol Japanメンバー募集 9 「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編) 10 Fリーガー達が『ストリートフットボール』に特化したスクールの選手を指導。そこで感じた『間合いの違い』とは?