2015.01.03 Sat

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『静学が気持ちよく明日を迎えられるということ』静岡学園×佐賀東 両チームコメント

写真:FUJI EMI

高校サッカー・2回戦 静岡学園6対0佐賀東

静岡学園・川口修監督

前半で3点、静岡学園らしくドリブルでPKを取って、2点目もドリブルから崩しました。3点目はちょっと予想外のCKからDF(光澤和人)が取り、あれはラッキーゴールだったんですけど、そこでゆとりが出ました。初戦の戦い方、入り方としては非常にいい出来でした。

 

うちは相手を圧倒するようなゆとりのあるチームじゃないので、とにかくがむしゃらに3対0からでも、守備からしっかりいこうよという発想で後半に臨みました。後半相手が足にきていて、(ボールを)持ったら削られていたので、そこだけシンプルにやりないと指示しました。ですが、内容的に後半は中盤のところでミスが多いゲームになってしまった。そこが反省材料です。

 

例年に比べると今年のチームは技術的にはかなり落ちる年。特長といったらマジメに、謙虚に、みんなで守備をしながら、一つのチャンスをものにしていくというチームです。その特長は出せていたかなと思います。献身的にみんなで前から守備をしながら、そして追加点が取れた。課題の決定力不足というところも、今日は6点取れたいうことで、できすぎというくらいです。

 

(ドリブルで仕掛けについて)そういうゆとりが(普段は)ないんですよね。それがなかなかゲームの中で出せない。本当はもっと個の技術を生かしてゆとりのあるサッカーをやりたいんですけど、なかなかそれができないものですから、こういう(守備から入る)サッカーをやっています。それが今年のスタイルということですね。

 

特定のストライカーが点を取るんじゃなくて、どこからでも点が取れるというのが、本来の静岡学園のスタイルです。そういった点で今日は6人が違う形で点を取っている。これが静岡学園のよさ。

 

公式戦のセットプレーで、おそらく今まで1点しか取れてない。練習はずっとしていたんですけど、本番の全国大会で2点取れた。課題だった部分なので、非常によかったですね。あの得点はうれしかったです。

 

セットプレーの守備でうちは防げない。点が取れない。要するにセットプレーで点が取れないから、守り方がわからないんですね。その部分で2点取れているということは、守備にも危機意識が出てくるのかなと感じています。やっぱり点を取れないチームは守れない。だから、それがうちの欠点で、ずっとセットプレーで点が取れず、そして失点を重ねた。今日は0に押さえたし2点取れた。今日の試合に限っては改善された部分ですね。

 

(東福岡が)強いのはわかっています。だけど、あのスター軍団を倒す。われわれはフィジカルでは全くかなわないと思っているので、空中戦とか球際の部分の勝負ではなくて個の勝負。個でも技術で相手を上回りたいという発想でやりたいと思います。

 

 

静岡学園 名古新太郎

チームのやりたいことができた。内容がよくできたから、結果も出たと思います。PKを取ったら、ああいうふうに(クッキアイオで)蹴ろうと思っていたので、余裕を持って蹴れました。練習でもああいうふうに蹴っていたので、自信はありました。

PKという感じはしなかったですけど、(ファウルを)取ってくれたのでありがたいなと思いました。

 

1点入って自分たちの時間帯が多くなって、静岡学園らしいサッカーができたと思います。

静岡学園は攻撃が持ち味。それぞれいろんな選手が点を取れる。本当に静岡学園らしさが出た試合だったと思います。

 

試合を本当に楽しみにしていました。ずっと楽しみにしていたことのなので、そんなに緊張することもなくうまく試合に入れたかなと思います。

 

今年は(チームの)誰もがいっているように、泥臭く守備は厳しくというのをずっと意識してやってきました。この試合はしっかりできたので、明日も継続してやっていきたいと思います。

 

 

佐賀東 蒲原晶昭監督

まあ、完敗ですね。(先制された後に)選手も切り替えられればよかったんでしょうけど……。あのPKにちょっとどうかなと……。静岡学園ベンチもあれは違うよといってたぐらいですから。だけど、そこで切り替えることができずに、ずるっといった。あれがすべてじゃないですか。後は、もうすべてにおいて狂ってきたので、一回狂ったらなかなか取り返しがつかなかった。今日は静岡学園が気持ちよく明日を迎えられるということじゃないですか。後は、特に何もいうことがないです。

 
 
【静岡学園対佐賀東 試合後のコメントはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 【少年サッカー移籍問題4】移籍トラブルに遭ったときの対処法と、ドイツの選手証から読み解く改善例 2 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】 3 「子どものために、使わない理由がない」コーチ、保護者、選手のコミュニケーションツール『CLIMB DB』活用法 4 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 5 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 6 海を渡った指導者たち〜第1回・亘崇詞(広東女子足球隊監督)インタビュー後編 7 サッカーの力で世界の子どもに夢を。あなたが主役のグラウンド作り love.fútbol Japanメンバー募集 8 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 9 「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編) 10 Fリーガー達が『ストリートフットボール』に特化したスクールの選手を指導。そこで感じた『間合いの違い』とは?