2014.12.27 Sat

Written by EDGE編集部

ヨーロッパ

FCバルセロナの強さの秘密は「サッカーを理解する力」にある

写真:Tomoyuki Suzuki

圧倒的な強さで『ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014』の王者に輝いた、FCバルセロナの下部組織。彼らの強さの秘密とは? 一体、どこが日本のクラブと違うのだろうか?(取材・文/鈴木智之)

2014年、8月末に行われた『U-12ジュ二アサッカーワールドチャレンジ2014』。

FCバルセロナが圧倒的な強さを見せつけ、2大会連続の優勝を果たした。

6戦全勝、得点23、失点1と申し分のない結果である。

ではなぜ、FCバルセロナは圧倒的な強さで優勝できたのだろうか。

まず挙げられるのが、タレントの存在だ。

大会MVPに選ばれた、フォワードの9番パブロ・モレノ、そしてアンカーの位置でゲームをコントロールする、6番のモリバ・コーロマ。

170cm近くあり、体格にも恵まれた2人を日本の少年たちは止めることができなかった。

FCバルセロナのマルセロ・サンス監督は、パブロ・モレノ選手について「彼は将来、クラブにとって重要な選手になるかもしれない」と、スター候補の1人であることを認めている。

彼の凄さはスピードや身体の強さといったフィジカル面に目が行きがちだが、実のところオフ・ザ・ボールの動きにある。

具体的には、「スペースを作り、使うプレー」だ。

プロの選手でも実行するのが難しいこのコンセプトを理解し、実践するレベルは飛び抜けていた。

バルサの背番号9はボールを受ける前に、どこにスペースができて、どうすれば相手のマークを外した状態でボールを受けられるかを常に見ながら、最終ラインの選手と駆け引きをしてパスを呼び込んでいた。

12歳にして「どこにスペースができるか」「どの身体の向きでボールを受ければスムーズにシュートまで行けるか」を考えながら動くなど、頭の中はトップレベルの選手に近いものがある。

パブロ・モレノ選手が披露したプレーは、まさに『バルセロナで求められる9番(センターフォワード)』というものだった。

FCバルセロナにはサッカーに対する明確な哲学があり、U-12年代の選手であってもバルサのユニフォームを着てプレーするからには、バルサのサッカーの仕方を理解する必要がある。

<次ページ>バルサのサッカーを現すキーワードとは?⇒

1 2 3

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 アマチュアフットボーラーの挑戦・渡邉俊介「日本一を目指す経営者が注ぐ、サッカーとオーガニックコットンへの情熱」 2 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 3 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 4 部活動の“外部コーチ”を19年経験した筆者が思う、外部コーチと学校の理想的な関係【久保田コラム】 5 サッカーで速く、強くプレーするためのコツとは? 日本式“ひざ歩行”と欧米式“腰歩行”の違い 6 「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編) 7 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 8 幸野健一のエッジな人「日本人で唯一、カタールの最先端育成施設アスパイア・アカデミーで指導をした男」八橋健一 9 【久保田コラム】高校サッカー名勝負「聖和学園対野洲〜生き方は誰にも批判できない」のはなし 10 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】