2015.01.03 Sat

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『本当に成長した』日大藤沢×高川学園 両チームコメント

写真:HIKARU KAWASAKI

高校サッカー2回戦 日大藤沢対高川学園 両チームのコメント

日大藤沢 佐藤輝勝監督

(田場と栗林)お互いの良さが生きることは、1回戦の後半でもわかっていました。須永が体調不良から戻ってきたので中央が厚くなる分、中が得意な選手を起用しました。いつも後半からと思われていたので、プランどおり今日は前半から(得点を)取りにいくということで、前半から送り出したのですが、見事に応えてくれました。本当に成長したなと感じます。

 日大藤沢 佐藤拓

県予選3回戦以来のスタメンでした。ここのところは途中交代で出ることが多かったのですが、県大会で優勝してからチームを作り直すということで、FWになり、再び試合に出られるようになりました。

 日大藤沢 中村恒貴

自分は県大会では得点を決め切れていませんでした。FWとしての貪欲さをもって、ゴールにこだわってプレーをしている中で、クロスボールに対して決められたのでよかったと思います。ドリブルをして抜けることもあるのですが、取られる場面もあるので、次の試合では抜いた後にいいパスやシュートを決めたいです。

 高川学園 江本孝監督

(江本監督が出場した)12年前も2回戦で2-3というスコアで桐光学園に負けてしまいました。そこは越えたかったですね。自分たちの持ち味であるボールポゼッションからリズムを作りたかったのですが、できませんでした。(後半は)勢いを持っていくぞと思っていたのですが…。絶対この場所に帰ってこないといけないと思っています。来年はやります。
 
【日大藤沢対高川学園 マッチレポートはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事