2015.01.03 Sat

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『みんなのことをどうしても救いたかった』山梨学院大附×岐阜工 両チームコメント

写真:Takahashi Manabu

高校サッカー2回戦・山梨学院大附 0(7PK6)0 岐阜工業 両チームコメント。

山梨学院大附 吉永一明監督

率直に運があったなと思います。本当に首の皮一枚のところで、彼らが頑張ってきたところが運につながったのかなと思います。ほぼスカウティングどおりで、内容的にも予想どおりだったと思います。立ち上がり、かなりパワーをもってプレッシャーに来られたことでちょっとバタバタしたところもありましたけど、そういうところで決定的なミスをしなかったということ。そのあとは少し展開はうまくいかなかったんですけど、うまくサイドを使ったりとかそういうところで後半は決定機を作れたと思います。それでもなかなかゴールには至らなかった。予想以上にピッチのゆるさというか、重さというか、そういうこともあったと思います。

 

山梨学院大附 渡辺剛

みんな声を出して集中を切らさなかったことはよかったと思います。でもシュートを枠内に打たれて危ないシーンもあったので、そこは改善していきたいと思います。相手はパターンが決まっていて、11番がターゲットになって9番が軸でドリブルをしてくるんですけど、そこはビデオで見てわかっていたので声をかけあって裏だけは取られないように常に意識していました。今日はヘディングで2本くらい負けたので、ヘディングは負けちゃいけないと思っているんですよ。だからそこは練習したいと思います。

 

山梨学院大附 古屋俊樹

累積で出られない間、みんなが本当に支えてくれて、ここまで本当に応援してくれていたので、ここで自分が恩返ししたいなというところでチャンスが来たので、やるしかないという気持ちでいっぱいでした。こういう試合もあるということを自分は想定していたので、とにかく守備がゼロで抑えれば絶対に負けないということは言い続けていたので、そういう意味では点が入らなくてもいいからとにかく守備だぞってみんなにしっかりと声をかけました。インターハイの東福岡戦でPKを外して負けたり、プリンスリーグでもPKを外すことがあって、自分たちはすごくPKに運がなかったんですけど、インターハイ後にPKの練習をみんなでずっとやってきました。自分は累積で初戦は出られないという立場だったので、迷惑をかけた分、こういう場面を想定してみんなのことをどうしても救いたかった。そういう気持ちがすごく強くて、練習はとにかくたくさんしてきました。それがこういう形で報われたのかなと、少し思います。

 

岐阜工 清本勝政監督

(相手が先に2本外して勝てると思った?)正直、思いました。だから、そう思ったらダメなんだなということを、もう二度とこういう経験はしたくないんですけども、そう思いました。これがサッカーなんだなと、身にしみています。今までに経験がないどんでん返しなので、まだ心の整理がつかないですね。やはり力の差からいったらとても五分とは思っていなかったので、当然そういうバーに助けられたりだとか、大西(裕之)のスーパーセーブであったりだとか、最後のシュートの場面で慌ててミスをしてくれたりだとか、全部含めてゲームとして成立して、うちは精一杯やれるだけのことはやったということで、本当にゲームに関しては選手たちを褒めてあげたいです。

【山梨学院大附対岐阜工 マッチレポートはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 【少年サッカー移籍問題4】移籍トラブルに遭ったときの対処法と、ドイツの選手証から読み解く改善例 2 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】 3 「子どものために、使わない理由がない」コーチ、保護者、選手のコミュニケーションツール『CLIMB DB』活用法 4 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 5 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 6 海を渡った指導者たち〜第1回・亘崇詞(広東女子足球隊監督)インタビュー後編 7 44歳で全国大会出場をめざすアマチュアフットボーラー、石川県シニアサッカー選手権の決勝に挑む(番外編) 8 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 9 小澤竜己、水頭廉、青島隆晃、吉田直弘がタイで新天地へ。小川雄太はラオスプレミアリーグへ移籍 10 「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編)