2015.01.03 Sat

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『アクセルを最初から踏みっぱなし』東福岡×草津東 両チームコメント

写真:HIKARU KAWASAKI

高校サッカー2回戦 東福岡対草津東 両チームのコメント

 東福岡 森重潤也監督

草津東というチームは攻撃的なチームで、相手の10番(山本悠樹)のスルーパスには警戒をしていました。7番(北川卓)のドリブルや11番(鎌田麗)のスピード、9番(太田隆平)のオフ・ザ・ボールの動きにも警戒を特にしていました。1点は取られるかもしれないという覚悟の上で、自分たちは攻撃的なスタイルなので、とにかく先取点を取るという気持ちの中でゲームに入って、前半もいくつかシュートは打ったものの、決め切れませんでした。だからこそ、後半はメンバー交代も含めて、なるべくペースを落とさないように、早めにこちらが動きました。そのゲームの中で早めに点数が取れて、(試合を)終えることができ、よかったと思います。

 

東福岡 赤木翼

前半はいつも通りの東福岡のサッカーをやろうと思っていたのですが、なかなか、相手の前からのプレッシャーが厳しくて、自分たちのサッカーができませんでした。だから、後半は立ち上がりからアグレッシブに行こうと話をしていて、その苦しい状況の中で自分が(ゴールを)決めることができたのは大きかったと思います。

 

東福岡 餅山大輝

木藤さんのときは、サイドハーフの前のスペースをあんまり狙えていなかったので、そこを意識してピッチに入りました。自分はスペースを作る動きも得意なので、そこを多めに今日はできたのでよかったと思います。

 

草津東 雨森康監督

(後半に入って)やはり、スタミナというのもあると思うのですが、アクセルを最初から踏みっぱなしでした。相手は楽に回している部分もありましたので、そのようなところのペース配分は相手のほうが上でした。うちは向かっていくだけでしたので、その戦い方に関して悔いはないです。
 
 

【東福岡対草津東 マッチレポートはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事