2015.01.03 Sat

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『駒沢と西が丘は私たちのホーム』國學院久我山×日章学園 両チームコメント

写真:Takahashi Manabu

高校サッカー2回戦・國學院久我山 1(5PK4)1 日章学園 両チームコメント。

國學院久我山 李済華監督

彼らが持っているレベルからすると、いいゲームだったと思います。ボールコントロールも彼らなりに、それなりのコントロールをしていた。1試合目よりもよかったと思います。あの失点シーンだけが、私からしたら凡ミス。中心選手たちがDFだったからよかった。DFに中心選手がいることによって、内藤健太や花房稔が積極的に攻撃参加して相手に圧力をかけることによって試合が動いたので、そこで沈まなかったのが要因だと思います。駒沢と西が丘は私たちのホームみたいなものですから、応援してくれる多くの方々の気持ちをエネルギーに変えてくれたと思います。

 

國學院久我山 花房稔

(同点シーン)いつもは野村(京平)がヘディングが強いので、野村に合わせるんですけど、絶対に決めてやろうという思いで入っていきました。(PKの蹴る順番)本当は4番目に蹴る予定だったけど、檜垣(寧宏)が決めそうだったから4番目を譲りました。

 

日章学園・早稲田一男監督

自分たちのリズムでゲームができなかったのが、最後はこういう形になってしまった。先制してから立て直せればよかったんですけど、逆に相手の前がかりな攻撃に対して受け身になってしまったのかなと思います。それがああいうリスタートからフリーでシュートを打たせてしまったことにもつながったのかなと。悪いなりに最後シュートを打たれる際にはブロックできる状態ではあったと思うんですけど、10本あれば一つや二つは穴も出てくるんでしょう。それが失点につながってしまったのが敗因なのかなと思います。相手チームのほうがやろうとするサッカーがやれた時間帯は多かったと思います。

【國學院久我山対日章学園 マッチレポートはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事