2015.01.03 Sat

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『初芝橋本は強かった』 前橋育英×初芝橋本 両チームコメント

20150102 西が丘2 前橋育英対初芝橋本 コラム&コメント

写真:Matsuoka Kenzaburo

高校サッカー・2回戦 前橋育英1対0初芝橋本 両チームコメント。

前橋育英 山田耕介監督
初芝橋本は強かった。後半はようやくボールをつなぐことができたけど、前半は相手のサイドの攻撃などに手を焼いて、差し込まれてしまいました。勝ったけど、今日の出来では駄目ですね。今日は本当によくなかった。でもこういうときにいちばん効果的なセットプレーで点が取れたのはよかった。ウチは普段セットプレーのゴールがあまりないのに、珍しいですよね(笑)。

前橋育英 宮本鉄平
攻守の切り替えを速くすることと、つなぐべきところはつなぐという意識を持てた、後半はよかったが、前半はよくなかった。でもその中でゴールを決めることができたのはよかった。点が入らずに苦しかったので、自分がセットプレーから決めてやろうと思った。

初芝橋本 阪中義博監督
押し込もうと思っても、押し切れない強さが相手にはあった。点取りにいくのがウチのモットーで、2、3点取られてもいいけど、それ以上取るサッカーをしてきた。でも今日は取りたいけど、取らせたくない思いもあった。ウチのプランとしては、相手の14番(鈴木徳真)のところでボールを取りたかった。彼を必ず経由するので、彼を封じようとしたが、やられる部分もあった。でも、選手たちはよくやってくれたと思います。

初芝橋本 末吉塁
自分的には相手は年代別代表が2人(鈴木徳真、渡邊凌磨)いて、彼らに仕事をさせたくなかったし、鈴木選手とマッチアップして、通用しないことはないと思った。セカンドボールをもっと拾いたかったし、簡単なミスがあった。でも、サイドで僕や川中健太が突破を仕掛けて、中に合わせる形が何度か出せた。特に前半は押していたので、そこで点を取ることができれば、勝機はあっただけに悔しいです。

【前橋育英対初芝橋本 マッチレポートはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事