2015.01.03 Sat

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『これで流れに乗ってくれれば』 京都橘×第一学院 両チームコメント

写真:Matsuoka Kenzaburo

高校サッカー・2回戦 京都橘3対0第一学院 両チームコメント。

京都橘 米澤一成監督
今日の試合は大人のミスで、いいコンディションで試合に送り出してあげられなかった。試合前にロッカーで見せるモチベーションビデオの音が出なかったり、応援席に試合前に行くかいかないかの判断など、我々スタッフのミスがあった。でもその中でも選手たちはうまく試合に入ってくれた。追加点を途中投入した堤原翼と前川太一が決めてくれたのは、本当にうれしかった。期待に応えてくれたのはよかったし、これで流れに乗ってくれればなと思います。

京都橘 矢田貝壮貴
前半は緊張で堅くなっていましたが、後半入るとき、緊張は解けていました。相手はロングシュートを打ってくるのも分かっていたので、しっかりと対応できたと思います。

京都橘 岩崎悠人
初戦でしたが、自信を持ってプレーすることができた。緊張はしましたが、楽しんでプレーできたと思います。監督からは「もっと積極的にやれ」と言われているので、そのとおりにできたと思います。選手権は出たい大会だったので、まずは出られてよかったです。

第一学院 佐々木将貴監督
相手は強かった。0−0からの勝負どころで勝てなかった。やっぱりプレミアリーグなどで接戦の試合をこなしてきているチームとの経験の差が出てしまった。1失点目は防げた失点だっただけに、今思うと悔いが残りますね。

【京都橘対第一学院 マッチレポートはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事