2015.01.03 Sat

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『2点目は練習してきた形(尚志・仲村監督)』 尚志対聖和学園 両チームコメント

高校サッカー2回戦 尚志 3対0 聖和学園 両チームコメント

尚志 仲村浩二監督
聖和さんとは年間で20試合ぐらいやっているので、免疫があるぶん、あのテクニックに粘り強く我慢してくれました。2点目の津田から渋谷へのボールは、聖和戦のために練習してきた形です。ボールを奪った人の状態が良ければ、相手の裏を取ろうと徹底しました。そこは狙っておこうと。練習で確認するのと言葉で確認しました。この代の選手たちは言うとやってくれるんです。ポゼッション、つなぐサッカーは尚志の定番。そこができないとうちではありません。奪ったボールをきちっとつなぐ。状態が良ければ裏を取る。そこができていました。(エースの)林純平は明日には戻って来れるのではないかと。今日は点数が離れたので、治療に専念しました。みんなも純平につなげようという気持ちがあったと思います。

聖和学園 加見成司監督
中盤で相手に引っ掛けたり、ボールコントロールのミスが多く、いい形で坂本までいきませんでした。(尚志は)いままではプレッシャーがかかると縦にボールを蹴ってきたのですが、今日はつないで来ました。そこがこれまでとの違いでした。

尚志 対 聖和学園 マッチレポートはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事