2015.01.02 Fri

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『次は驚くようなことをやります(立正大淞南・南監督)』立正大淞南×丸岡コメント

高校サッカー2回戦 立正大淞南2 ×1 丸岡 両チームコメント

立正大淞南 南健司監督
相手が5バック気味で来るのは想像していました。苦しい試合になると考えていた中で、途中出場の井上直輝が機能したのが大きかったです。そこで優位に進められて、ゴールが決まりました。CKはもっとも得意な形。あれで取れたのは大きかったです。2点目、中島は抜け出したら速い。あれは個人の力。すばらしい得点です。中盤の藤井、平山がきちっと相手の攻撃を積んで、4バックも安定していました。両サイドもアグレッシブに行って、みんな良かった。(次の相手)尚志はインターハイで見た時に強いと思いました。厳しい試合になると思いますが、コンディションを整えていきたいです。今日はスローインという必殺技を出さなくて良かったので、次は驚くようなことをやりますよ(笑)。

立正大淞南 中島隆司
1点目は練習通りの形でした。ちょうどいいところにボールが来たので、頭に当てるだけでした。2点目は思い切り振り抜いたらいいコースに行ったので良かったです。ピンチがあったけど粘り強く守って、少ないチャンスを決めることができて良かったです。

丸岡 小坂康弘監督
このレベルでパスをつなげるようになるのが、これからの課題です。(相手は)中島君を始め、個の力が強かった。もうちょっとボールを動かしながら、相手を食いつかせてといったように余裕ができるといいのですが…。立正大淞南のプレッシャーは強烈でしたが、球際の戦いで負けていませんでした。そこは選手たちを褒めてあげたいです。得点シーンは練習通り。大事なゲームでよく出たなと思います。県内の子どもたちに夢を与える1点だったと思います。

立正大淞南 対 丸岡 マッチレポートはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事