2015.01.02 Fri

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『どんどんゴール前に行った(水橋・佐藤)』 水橋×明徳義塾 両チームコメント

写真:Koga Yowsuke

高校サッカー・2回戦 水橋2対1明徳義塾 両チームコメント。

水橋 上田裕次監督
相手のロングフィードは想定していたよりも圧力を感じる攻撃だったが、しっかりと対応できた。だから、チャンスにつなげることができた。いい準備ができて、試合を迎えられたと思う。前半は押し込まれたが、その中でもチャンスは作れていた。次(流通経済大柏)は今日以上の圧力、個々の高い力のあるチーム。粘り強く戦うことで勝機を見いだせると思う。

水橋 北野剣士浪
吉松がいいボールをくれて(右足でボレーを打った後)いい具合に自分の前にこぼれたので左足を振り抜くだけだった。追いつかれたのはよくなかったけど、途中交代の佐藤が決めてくれたので次につながる勝利になったと思う。先発で使ってもらってうれしかった。

水橋 佐藤圭介
残り時間が少なかったので、どんどんゴール前に行った。吉川がいいボールを出してくれて、決めるだけだった。メンバーが発表されたときは(先発から外れて)悔しかったが、自分が北野の代わりをすればいいと吹っ切れたところもあった。

明徳義塾 小松晃監督
僕がPKの可能性を考えていたので、選手も最後にちょっと気が抜けていたのかもしれない。最後の1分、2分でよりセーフティーにやるように伝えられなかったのが残念。チャレンジャー精神で一生懸命に頑張ってくれたが、本当に最後の最後で……。これが高校サッカーなのかなと思う。

【明徳義塾対水橋 マッチレポートはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事