2015.01.02 Fri

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『素早さで勝負しようと思っていました』 流経大柏×矢板中央 両チームコメント

写真:Koga Yowsuke

高校サッカー・2回戦流経大柏 1(PK5対3)1 矢板中央 両チームコメント。

流経大柏 本田裕一郎監督

「もう1点取れたんじゃないかと思うんですけど、パワープレーに来られても大丈夫だなと、それはこの試合の収穫です。相手がかなり大きいので、リスタートでボコボコとやられるんじゃないかと思いましたけど、よくそこは戦えたと思います。実際はもうちょっとパスをつないでやってほしいんですけど、なかなかやらせてもらえませんでした」

 

流経大柏 小川諒也

「PKはみんな落ち着いて蹴れました。初戦で8人目までいって、全員決められたので、そこで自信がついたんだと思います。自分のゴールは、右サイドにボールが合ったときはゴール前に入っていくことを意識しています。ゴールを決めたかったので、ゴール前に行ったら、ちょうど自分のところにこぼれてきました」

 

流経大柏 広滝直矢

「相手の身長の高さ、フィジカルの強さは把握していました。うちのCBは高くないので、セカンドボールを拾って、相手に流れを持っていかないようにと話していました。競り合いに勝つのがいちばんですけど、そこは相手のストロングなので、自分たちのストロングである素早さで勝負しようと思っていました」

 

矢板中央 高橋健二監督

「悔しいですが、選手を褒めてあげたいと思います。しっかりと守ってカウンターやセットプレーで得点をしようと話をしていました。予定どおりというか、ある程度はやれたと思います。ここで得たものを次に生かしたいと思います。来年に生かしたいと思います」

 

矢板中央 関岡亮太

「同点ゴールは、ロングスローのときにファーにこぼれてくることが多かったので、そこで待っていたら流れてきました。あとは合わせるだけでした。流経は1回戦でPKを経験しているので、慣れがあったと思います。でもPKまで持ち込んだことは自信になりましたし、後輩たちの来年にはつながると思います」

【流経大柏対矢板中央 マッチレポートはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 【少年サッカー移籍問題4】移籍トラブルに遭ったときの対処法と、ドイツの選手証から読み解く改善例 2 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 3 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 4 ドイツで14年間指導した坂本健二氏が教える、ドイツ流「ゾーンディフェンスの極意」講習会開催! 5 44歳で全国大会出場をめざすアマチュアフットボーラー、石川県シニアサッカー選手権の決勝に挑む(番外編) 6 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】 7 海を渡った指導者たち〜第1回・亘崇詞(広東女子足球隊監督)インタビュー後編 8 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 9 小澤竜己、水頭廉、青島隆晃、吉田直弘がタイで新天地へ。小川雄太はラオスプレミアリーグへ移籍 10 「子どものために、使わない理由がない」コーチ、保護者、選手のコミュニケーションツール『CLIMB DB』活用法