2015.01.02 Fri

Written by EDGE編集部

高校&ユース

観客をうならせた華麗なFK 2回戦 開志学園JSC 3対2 宇治山田商

写真:FUJI EMI

開志学園JSCが、宇治山田商との接戦をものにし、初出場で初勝利を飾った。勝負を決したのは、鋭い弾道でゴールネットを揺らした芸術的なFKだった。(取材・文 川原宏樹)

偶然にも初出場同士となった対戦は、開始早々から大きく試合が動いた。
前半1分と11分に開志学園にゴールが生まれ、宇治山田商はいきなり大きなビハインドを背負いこんだ。宇治山田商の江崎徹監督が「入り方が悪かったですね。ちょっと堅くなっていた。最初の2失点が痛く、なかなかリズムに乗ることができなかった」と想定外の序盤戦を振り返った一方で、開志学園JSCの宮本文博監督は「ラインが高かったので、サイドの裏というところは斜めのボールだったり、縦の裏へいくボールだったりで、そこはよくやってくれたと思います」と、プランどおりに試合を運べていたことを明かした。
 
続けて「ただ、そのぶん運動量が上がっちゃったんで、どうしても後半は(運動量が)落ちるなと思った」と振り返ったように、後半は宇治山田商に追いこまれる展開となった。
後半18分に1点差に詰めよられるが、その5分後、開志学園JSCに芸術的なFKが決まる。
ゴール正面、約18メートル付近からのFKを左SBの6番 高橋颯人が、左足で鋭く曲がるシュートを放ちゴール右上へ突き刺した。
「FKは自分のいちばんの武器で、チームがきついときに決められればと思っていて、あそこは絶対に決めておきたかった。(試合の)流れも悪かったので、あそこで決められてよかったです」と高橋。これで宇治山田商に傾いていた試合の流れを自分たちに引き寄せることができた。

「あのシュートを決められたら仕方がない」と江崎監督が語れば、宮本監督も「かなりの確率で決まるので、決めてくれると思っていた。もうちょっと後ろでも、平気でゴールに飛んでいく」と賛辞。この素晴らしいFKで会場中をうならせた。
その後、ミスによる失点で宇治山田商に追いつめられると、「点を取るよりも守りきるほうが得策」と割りきった宮本監督は、5バックにシステム変更。ゴール前を堅めた開志学園JSCが最後まで守りきり、記念すべき全国高校サッカー選手権大会での初勝利をものにした。
 
 
【開志学園JSC 対 宇治山田商 試合後のコメントはコチラ 

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事