2015.01.01 Thu

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『彼はシュートに対する勘がいい』郡山×東海大山形 両チームコメント

写真:TORAO KISHIKU

高校サッカー・1回戦 郡山 0 (4PK2)0 東海大山形 両チームコメント  

郡山 浦野和久監督

今日の試合は、硬さが消極性として表れてしまったなと思いました。例えばボールを奪っても、誰かが出て行かないとか、ボールを簡単に外にクリアしてしまうという部分。自分ところでミスをして取られたくないという意識も働いていたと思うのですが、すごくプレーが消極的だったと思います。ホンマは、80分の中で決着をつけたいと思っていました。PK戦になると、(県予選もPK戦があったため)相手が僕たちの傾向をわかっている分、不利なのかなと思ったのですが、大谷(啓悟)くんがその中で2本止めてくれたということが、勝因かなと思います。彼はシュートに対する勘がいいので、1本か2本は絶対に止めてくれると思っていました。県予選のときはタイミングが全然合わなかったのですが、今日は落ち着いてやってくれたので、非常によかったと思います。相手のGKが、県予選のときのPK戦と全く同じ方向に跳んでいたので、「あの試合を織り込み済みなのかな」と思い、逆を蹴りました。そうしたら入ったし、あの時と同じ方向に蹴った選手は止められていました。実は、僕が監督になってから1回もPK戦で勝ったことがなかった。この予選を境に、ある意味自信をもつようになりました。昨日もPKの練習をしたのですが、あんまり入らなかった。本番になると、いいコースに蹴るなと思いました。奈良県も、この3年ぐらいは全部初戦敗退。なんとか1つでも多く勝ちたいと思って出てきました。PKまでいって勝つのと負けるのでは大きな違いがあるので、1個進めたのは大きな値打ちがあると思います。

 

 

郡山 坂本瑞貴

奈良県がここ数年勝てていなかったので、特に嬉しいです。ドリブルからシュートという形はできていたのですが、最後のシュートが緩くなってしまって、全然決められていないので、そこをしっかりと決めていきたいです。PKになり、(GK)大谷選手が止めてくれると信じるしかなかった。僕たちは思い切って蹴るだけで、あとは(大谷)啓悟に任せていました。昨日PK練習をしたのですが、半分以上みんな外してて、やばいかな?とは思っていたのですが、(勝って)よかったです(笑)。相手のGKが、僕たちの予選の決勝のときのPKと同じ方向に跳んでいたのがわかりました。それで、3番目の矢吹(遼平)が止められてからは、全部逆に蹴ろうということになって。元々、読まれてるかもしれへんけど、まずは前と同じで蹴ってみようとうことで一番手の松江(暢也)が行ったら、やっぱり読まれてて。僕たちも研究していたので、相手も研究しているんだろうなと思いました。

 

郡山 大谷啓悟

奈良勢がここ最近初戦突破できないということに関しては、そんなに何も考えていませんでした。僕にとってこの選手権は夢の舞台だったので、とりあえず今までやってきたことを、この舞台で出すことを意識していました。連敗の記録を破ろうとかの意識は特になかったです。試合中は、味方が必ず決めてくれると信じていました。ああいう試合は県予選でも何回もあったので、慣れていたといえば慣れていました。その中で1点取ってくれるかなぁと思っていたので、あとは自分がしっかりと抑えればと思っていました。県予選でも、なかなか点が入らなくて、最初の方はイライラしていたのですが、最後の方は点が入らなくてもだいぶ落ち着いてプレーできるようになりました。それがこの試合でも生きたと思います。PKになり、「ここで自分が止めないと、何も仕事していない」と思って頑張ろうと思いました。チームの初勝利に貢献できてすごく嬉しいです。次の試合も自分の持ち味をしっかり出せるようにしっかり準備していきたいと思います。

 

東海大山形 五十嵐直史監督

自分たちの持っているものはすべて出し切ったと思っています。緊張するかなと思いましたが、平常心で戦ってくれたと思います。相手がああいう形で引いてきて、おそらくそういう形で戦ってくるとは想定しておりましたが、引かれたときに自分たちでボールを動かして崩していくというところで、我々の力が及ばなかったかなと思います。おそらく、あまり点が入らないゲームになるとは思って練習はしていましたが、相手のGKがよかったと思います。うちも、GK含めた守備が1つの持ち味でしたので、最後の最後のところで辛いところをよく防いでくれたなと思います。持っているものをきちんと出してくれたと思っています。また来年この場所に帰ってきて、1つ勝ちたいです。

 

東海大山形 伊藤源太

シュートを俺が防ぐ前に、DFのみんなが体を張って防いでくれて、すごく助かりました。PK戦は自信があったのですが、結果負けてしまって悔しいです。(山口)幸弥が外してしまって、その分取り返さなきゃなと思っていたのですが、2人分止めて取り返してあげられなくて、余計悔しいです。

 

 

東海大山形 矢萩万裕

山形県を代表して出て、みなさんの期待を感じながらピッチに立っていました。でも、個人的には何もできなかったなと思っています。無失点だったので、最後までチームとして粘り強く戦えたことはよかったとは思いますが、勝ちきれなかった。PK という形でしたが、負けは負けなので、そこはしっかりと受け止めたいなと思います。後輩には、来年こそは、またこのピッチに戻って、今度は勝って、また新しい歴史を作ってほしいと思います。

 

【郡山対東海大山形 マッチレポートはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 【少年サッカー移籍問題4】移籍トラブルに遭ったときの対処法と、ドイツの選手証から読み解く改善例 2 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 3 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 4 44歳で全国大会出場をめざすアマチュアフットボーラー、石川県シニアサッカー選手権の決勝に挑む(番外編) 5 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】 6 ドイツで14年間指導した坂本健二氏が教える、ドイツ流「ゾーンディフェンスの極意」講習会開催! 7 海を渡った指導者たち〜第1回・亘崇詞(広東女子足球隊監督)インタビュー後編 8 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 9 小澤竜己、水頭廉、青島隆晃、吉田直弘がタイで新天地へ。小川雄太はラオスプレミアリーグへ移籍 10 「子どものために、使わない理由がない」コーチ、保護者、選手のコミュニケーションツール『CLIMB DB』活用法