2015.01.01 Thu

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『快速ドリブラーの今後に要注目』高校サッカー 郡山 0(4PK2)0 東海大山形

写真:TORAO KISHIKU

初出場同士の対戦は、PK戦の末の郡山に軍配が挙がった。その中で、ひと際存在感を示し、今後への期待を抱かせたのは185センチの長身ドリブラー。(取材・文 上岡真里江)  

互いに自校初の全国出場となった。「僕にとっては夢の舞台」だと、郡山GK 大谷啓悟が口にしたように、他の選手にとっても憧れであろう選手権のピッチに立った緊張からか、両チームとも、やはり序盤から硬さが伝わってきた。

特に前半は、その硬さが「消極性として表れてしまった」と、郡山・浦野和久監督は振り返る。

その中で後半、より自分たちのスタイルを表現できたのが郡山だったのではないだろうか。

自分たちのサッカーの特長を「ドリブルを生かす、堅守速攻サッカー」としてきたが、言葉どおり、後半途中からは若干強引ともいえる局面でも、突破口を見出すべく積極的に仕掛け、シュートまでもっていくシーンをいくつも作り出した。

中でもスタンドを大きく沸かせたのが、背番号『10』の坂本瑞貴だった。185センチという長身が仕掛ける「小学校からこだわってきた」という自慢のドリブルは迫力満点。特に、後半20分過ぎからの体力勝負となりつつある時間帯からのフェイントを織り交ぜた高速ドリブルに、東海大山形の選手も右往左往させられ、見事に交わされた。

これには、センターバックの矢萩万裕主将も「あそこまで強引に仕掛けてくる選手は初めて。今後の自分のサッカー人生にとって、すごくいい経験になりました」と、惜しみない賛辞を送った。

日本ではパスサッカーが好まれる傾向にある中、ドリブルという武器は、場合によっては『悪』とされる場合もある。だが、郡山のサッカーでは、坂本だけではなく、他の攻撃陣も積極的に打開をはかり、それを周りがしっかりとサポートし、シュートシーンへとつなげていくという、ドリブルを生かす形がスタイル化されている。

それでも、「何のためのドリブルか?」という基本的観点からみて、坂本本人からすれば、この試合はまったくもって満足いくものではない。

「ドリブルに関しては、予選よりも調子がよかったですが、シュートが弱かったのでもっと強く打ちたい。今後の課題は、ドリブルの後のシュートを最後しっかり決めきることです」(郡山・坂本)。

最初の選択肢は「基本、ドリブル」だと、坂本はキッパリ。次戦中津東戦では、相手DFを翻ろうする重量ドリブルを絡めたゴールをぜひ期待したい。

 

【郡山対東海大山形 試合後のコメントはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事