2015.01.01 Thu

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『小原のゴールは恩師への感謝弾』高校サッカー 中京大中京1対0 長崎総科大附属

写真:MASASHI Adachi

3年ぶりに選手権の舞台に帰ってきた中京大中京は、長崎県代表の長崎総科大附属と対戦。攻撃陣を武器とする両チームの一戦は、中京大中京が後半にFW小原羽矢駄が決めた1点を守り勝利した。

決勝点となるゴールを決めたFW小原羽矢駄は、「選手権はこれまでの試合と比べ雰囲気が違い、前半はいつもより緊張した」と試合後振り返った。

これまで中京大中京は、小原やキャプテンのMF市川謙伍、MF富田光、大城佑斗を中心に点を取って勢いに乗るパターンで勝ち上がってきた。

この試合でも序盤から自慢のスタイルを貫き、果敢に攻めるも、前半は無得点で終える。一方DF陣は、長崎総科大附属のエースFW安藤翼を中心とした攻撃陣に、ドリブルを軸に攻められるも、粘り強く守っていた。「相手に押されていた状況でも、守備陣は競り勝っていた。だからこそ、僕ら攻撃陣が仕事をしないといけないと思った」と、味方の奮闘に応えるべく、後半は小原のハートに火がついた。

決定機が訪れたのは後半10分。ドリブルで攻め上がった大城のパスにうまく反応すると、相手守備の裏に抜け出し、左足を思い切りよく振り抜いて先制ゴールを決めた。このゴールを「大城がためを作ってくれたおかげで、相手GKやDFの動きをしっかりと見ることができた」と振り返ると、続けて「DFラインの裏を抜けるプレーは高校入学時からの僕の強み。それを3年間磨いてくれた監督のおかげ」と入学を誘ってくれた恩師への感謝も忘れなかった。

『ミスターグランパス』として、地元・J1名古屋で活躍した、元Jリーガー岡山哲也監督のもとでプレーする小原。彼を始め、今年の3年生は、就任4年目となる岡山監督が、自ら出向いて声をかけた選手たちばかり。岡山監督に見いだされ、3年間過ごしてきただけに、小原の岡山監督への思いは強い。

「監督には『ゴールに対して常にどん欲になれ』といわれている。僕も常にゴールを意識してプレーするようになった」と話す彼は、愛知県予選では10得点を目標に掲げプレーしていたという。それでも結果は6得点だったことを受け、「選手権では6点以上を目指し、大会得点王を狙いたい」と決意を固めている。

岡山監督のアドバイスを実践し、結果を残してこそ、真の恩返しとなる。小原の決意は、恩返しの表れでもあった。

 

【中京大中京対長崎総科大附 試合後のコメントはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 久保田コラム「日本語のサッカー指導で世界をひっくり返す(2)」「ドリしろ!」で効果的なプレーはできるのか? 2 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 3 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 4 部活動の“外部コーチ”を19年経験した筆者が思う、外部コーチと学校の理想的な関係【久保田コラム】 5 【少年サッカー移籍問題6】移籍問題解決に向けて、日本サッカー協会から通達が出される! 6 サッカーで速く、強くプレーするためのコツとは? 日本式“ひざ歩行”と欧米式“腰歩行”の違い 7 【久保田コラム】園児は僕らの先生。サッカーを“習いに来る子”とサッカーを“しに来る子”の違いのはなし 8 久保田コラム「日本語のサッカー指導で世界をひっくり返す(1)」和訳サッカー用語と本質のズレ 9 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 10 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】