2015.01.01 Thu

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『PKストップは冷静にできました』岐阜工×香川西 両チームコメント

写真:Matsuoka Kenzaburo

高校サッカー1回戦 岐阜工 2対1 香川西 両チームのコメント。

岐阜工・清本勝政監督

香川西は前への圧力があった。セカンドの拾い方もうまく、苦戦しました。しかもクリアボールもしっかりと前線が反応して、マイボールにしようとするので、相手のクリアに対しては出遅れるなと言いました。でもそれで先に失点したので、困りましたが、よく逆転をしてくれたと思います。PKを止めてくれた大西(裕)に関しては、その前に2本決定的なピンチを防いでくれたので、これで「乗ったな」と思っていたので、PKになっても安心して見ていられました。2点ともヘッドからですが、ウチはヘッドに自信を持っているので、それが出たのはよかったと思います。

 

立花稜也

トレーニングでいつもクロスからのシュートをやっています。僕はクロスをあげるほうなのですが、たまに中に入ってシュートもします。そのときは監督から「シュートを打った後に足を止めるな」と言われていたので、その意識が今日しっかりと出たと思います。ヘッドをしっかりと枠の中に飛ばせば、GKははじくと思ったので、はじいた後もすぐに反応できました。ヘッドのトレーニングは毎日しているし、自信はあります。

 

永田薫

ヘッドには自分でもこだわりを持ってやっています。ポストプレーのときもバックヘッドや落としたりと、いろんなバリエーションでやっています。同点ゴールのシーンは、いいボールが来たので、ほぼスタンディングで合わせることができました。うまく入ってよかったです。

 

大西裕之

PKストップは冷静にできました。FW陣が頑張って逆転してくれたので、「今度は俺の番だ」と思っていました。相手が助走に入ろうとしたとき、表情が不安そうだったので、強いボールと高いボールはないと思った。そこから軸足とか体の向きを見て、飛びました。冷静な判断ができたと思います。

 

香川西・大浦恭敬監督

試合はプランどおりだったが、最後に相手の11番(永田薫)と5番(安田善裕)にやられた。あの10分間は選手たちが集中を欠いてしまった。前半を0-0でしのげばいいと思っていて、1-0のリードで折り返すことができた。ウチが勝つとしたら、1-0かPKだと思っていた。でも、あの10分間でやられてしまった。(PK失敗について)1年生の飛田竣吾に任せたのは、普段の練習でPK練習をするのですが、彼がいちばんPK成功の確率が高かった。PKは成功する確率が高い選手が蹴るべきなので、任せました。岐阜工さんは伝統的に空中戦が強い。あの強さはわかっていたけど、やられてしまいました。

 

飛田竣吾

PKを外したのは2回目です。止められてしまって、先輩たちに申し訳ありません。来年はこのリベンジを絶対にしたいと思います。

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 【少年サッカー移籍問題4】移籍トラブルに遭ったときの対処法と、ドイツの選手証から読み解く改善例 2 ドイツで14年間指導した坂本健二氏が教える、ドイツ流「ゾーンディフェンスの極意」講習会開催! 3 44歳で全国大会出場をめざすアマチュアフットボーラー、石川県シニアサッカー選手権の決勝に挑む(番外編) 4 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 5 海を渡った指導者たち〜第1回・亘崇詞(広東女子足球隊監督)インタビュー後編 6 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 7 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】 8 小澤竜己、水頭廉、青島隆晃、吉田直弘がタイで新天地へ。小川雄太はラオスプレミアリーグへ移籍 9 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 10 海を渡った指導者たち〜第2回・斎藤隆士(広東女子足球隊GKコーチ)「中国行きを快諾。背後にあった妻の後押し」