2015.01.01 Thu

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『今年のチームは粘り強さが持ち味』山梨学院大附×滝川第二 両チームコメント

写真:Matsuoka Kenzaburo

高校サッカー1回戦 山梨学院大附 1対0 滝川第二 両チームのコメント

山梨学院大附・吉永一明監督

こういう展開になるとは思っていた。PK戦までもつれ込むと想定をしていました。(決勝PKについて)いつもは大場祐樹が蹴っていたのですが、開幕前に腸炎にかかってしまって、開会式にも参加しなかった。今朝、調子がよくなったのでスタメン起用したのですが、キッカーは彼ではなく、原拓人に任せました。今年のチームは粘り強さが持ち味。もっと出していかないといけない。今日は相手の前への姿勢に差し込まれてしまった。久しぶりの選手権で、今の選手たちは選手権初出場。その中でよくやってくれたと思うので、次に生きてくれたらいいと思う。

 

滝川第二・栫裕保監督

悔いというか、残念ですね。でもこれで完全に指導者を辞める訳ではないので、次に生かしていきたいし、頑張らないといけないと思った。今日は少し欲が出てしまった。うまく守れていたから、欲が出て、後半攻撃的に行ったことがちょっとよくなかったかもしれない。でも、負けたのは我慢強さがウチより向こうにあったからだと思います。

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事