2015.01.01 Thu

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『今年のチームは粘り強さが持ち味』山梨学院大附×滝川第二 両チームコメント

写真:Matsuoka Kenzaburo

高校サッカー1回戦 山梨学院大附 1対0 滝川第二 両チームのコメント

山梨学院大附・吉永一明監督

こういう展開になるとは思っていた。PK戦までもつれ込むと想定をしていました。(決勝PKについて)いつもは大場祐樹が蹴っていたのですが、開幕前に腸炎にかかってしまって、開会式にも参加しなかった。今朝、調子がよくなったのでスタメン起用したのですが、キッカーは彼ではなく、原拓人に任せました。今年のチームは粘り強さが持ち味。もっと出していかないといけない。今日は相手の前への姿勢に差し込まれてしまった。久しぶりの選手権で、今の選手たちは選手権初出場。その中でよくやってくれたと思うので、次に生きてくれたらいいと思う。

 

滝川第二・栫裕保監督

悔いというか、残念ですね。でもこれで完全に指導者を辞める訳ではないので、次に生かしていきたいし、頑張らないといけないと思った。今日は少し欲が出てしまった。うまく守れていたから、欲が出て、後半攻撃的に行ったことがちょっとよくなかったかもしれない。でも、負けたのは我慢強さがウチより向こうにあったからだと思います。

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 【少年サッカー移籍問題4】移籍トラブルに遭ったときの対処法と、ドイツの選手証から読み解く改善例 2 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 3 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 4 44歳で全国大会出場をめざすアマチュアフットボーラー、石川県シニアサッカー選手権の決勝に挑む(番外編) 5 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】 6 海を渡った指導者たち〜第1回・亘崇詞(広東女子足球隊監督)インタビュー後編 7 小澤竜己、水頭廉、青島隆晃、吉田直弘がタイで新天地へ。小川雄太はラオスプレミアリーグへ移籍 8 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 9 「子どものために、使わない理由がない」コーチ、保護者、選手のコミュニケーションツール『CLIMB DB』活用法 10 「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編)