2015.01.01 Thu

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『勝てたからもうワンチャンスもらえた』國學院久我山×前原 両チームコメント

写真:Takahashi Manabu

高校サッカー1回戦 國學院久我山 1対0 前原 両チームのコメント  

國學院久我山・李済華監督

いいゲームやって負けるのがいいのか、悪いゲームでも勝ったのがいいのか、ちょっとわからないところですね。本当はいいゲームやって勝ちたいんですけども、勝てたからいいゲームをするためのもうワンチャンスをもらえたのかなと思っています。昨年、1回戦で負けたということをずっと引きずってたんですよね。そこからやっと今日解放された。それが次の試合につながればいいんですけど。それとやっぱり彼らが持っている本来のテクニックが足りないってことでしょうね。その二つがちょうど悪いほうへ入ってしまったということですね。

 

内藤健太

昨年出た選手は昨年の悔しさを晴らせたと思うんですけど、自分としては内容もひどかったし、自分のプレーも全然ダメだったので、晴らせたとは思っていないですね。一つ勝てたので次はもう少しいい内容のゲームができるかなと思います。次は緊張をほぐせるようにもっとコミュニケーションをとって、もっと締まったゲームができるように声をかけていきたいと思います。

 

前原・和仁屋恒輝監督

相手のDFラインがしっかりしていて、もう一つ崩せなかったですね。遠目からのシュートが多かったので、あそこでもう少し展開ができたらなというところですね。あと少し、ゴールの近くでシュートを打ちたかったです。でも最後まで前原らしさを出し切ってやれて、本当に悔しいですけど、選手にはお疲れさまということを伝えました。

 

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 【少年サッカー移籍問題4】移籍トラブルに遭ったときの対処法と、ドイツの選手証から読み解く改善例 2 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】 3 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 4 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 5 44歳で全国大会出場をめざすアマチュアフットボーラー、石川県シニアサッカー選手権の決勝に挑む(番外編) 6 海を渡った指導者たち〜第1回・亘崇詞(広東女子足球隊監督)インタビュー後編 7 「子どものために、使わない理由がない」コーチ、保護者、選手のコミュニケーションツール『CLIMB DB』活用法 8 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 9 小澤竜己、水頭廉、青島隆晃、吉田直弘がタイで新天地へ。小川雄太はラオスプレミアリーグへ移籍 10 「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編)