2015.01.01 Thu

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『粘り強く守ればチャンスはある(中津東・松田監督)』中津東×青森山田コメント

写真:TORAO KISHIKU

高校サッカー・1回戦 中津東 1(4PK2)1 青森山田 両チームコメント

中津東 松田雄一監督
組み合わせを引いたとき、去年も市船、今年は青森山田で、「どうなるんだろう?」と思ったのですが、去年を経験した選手が5人もいたので、逆に、その選手を中心に落ち着いてプレーしてもらおうと頼っていました。本当に堂々とした戦い方をしてくれました。粘り強く守備をしておけば、なんとかチャンスはあるということは生徒にいっていました。その中で、ファーストチャンスがこぼれたところで、うまく押し込んで先制してくれました。後半に入り、セットプレーが超高校級の菊池君が上がってきたり、他の選手も大きくて強い中、体を張ってよくやってくれていたGK久保が負傷で小倉に交代。動揺もあるかな?と思ったのですが、新人戦、インターハイは小倉で戦っていたので、大きな動揺はなかったと思います。(追いつかれたシーン)あのロングスローは計算に入れてなくて、あそこまで飛んでくるとは思っていませんでした。あれが青森山田の怖さだなと感じました。青森山田との対戦で1勝する、ということしか考えていませんでした。なので、これからまた対戦相手を見ながら、体のケアもしっかりして、また中津東の歴史を変えていきたいと思います。

中津東 奥尚輝
(得点シーン)シュートを打つと思ったので、こぼれ球に詰めようと思っていたのですが、DFに当たっていいところに来たので流し込みました。あのコースしか見えなかったので、そこにきちんと流し込めたんだと思います。でも、全然あそこにこぼれてくるとは予想していませんでした。ただ、真っすぐ走っていただけなので、まさか来るとは(笑)。決まった瞬間は、やはり嬉しかったです。中津東高が全国に出て初得点だったので、嬉しかったです。周りの選手からは「いいところで取ったな」といわれました。ここで浮かれたらやられると思うので、もう次に切り替えて、明後日に向けてやっていきたいです。

中津東 泉成哉
今日に照準を合わせて調整してきてたので、体のキレもよかったですし、自分として満足いく試合運びができたと思います。常に、誰よりもいちばん声を出して、チームを悪い雰囲気にさせないようにということを心がけています。同時に、自分がいちばん動いてチームの役に立てればいいなといつも考えてプレーしているので、今日はそれができて勝てたので、すごくよかったです。みんなこの試合に向けて勝ちにこだわって練習してきましたし、3年連続で出場して、『3度目の正直』ということでがむしゃらに頑張ってきました。それが勝ちにつながってよかったです。僕たち、PK戦の勝率はけっこういい方なんです。PKになったときはみんな気持ちが上を向いて、「80分楽しかった!あとのPKは、シュートは悔いなく蹴ろう」みたいな感じでした。

 青森山田 黒田剛監督
(連続初戦敗退について)一瞬の隙とか、やるべきことの徹底度とかなどが、やっぱり少し甘さが出るというか、一歩足りない。そうしたところが毎年毎年同じように反省点になる。そうした本当の選手権の怖さ、一発勝負の怖さをどのように選手に伝えていくのかはすごく難しいのでしょうが、気持ち的に受けて立ったりだとか、最後の決定的な仕事という部分は水物でもあるので、一概にはいえないですが、でも、ちょっとした固さとかが出たという気がしました。立ち上がりから非常に硬いゲームでしたね。そういうメンタルコントロールも含めての強さだということだと思うので、そういう意味では、このトーナメントというものに対する戦い方が、彼らのメンタリティーの中ではちょっとうまく機能しなかったかなという気はします。相手がマンツーマン守備で、スペースもほとんど消されていたので、ちょっと正直難しい試合ではありました。そんなときに個で崩せるような、一人で切り崩していけるようなFWがいればまた違うのでしょうが、なかなかそういったタイプの選手がいるわけではない。いい準備はしてきたのですが、ケガ人も出たりして、最後の最後までアクシデントがあるのが選手権です。こういうチームとやったことがないので、すごくやりにくかったというのはありました。

青森山田 小笠原学
ここまで必死にやってきました。やってきたことに対しては、自分は悔いはありません。この結果は、キャプテンとして情けないですが、しっかりと受け止めて、次に向けてしっかりやっていきたいと思います。

青森山田 山下優人
試合が始まる前は「自分たちがやるべきことをやろう」といってきたのですが、いざ始まってみると、選手権独特の雰囲気などがあって、なかなか自分たちがやりたいことができないまま終わってしまいました。別に、決して悪いわけではなかったのですが、小さなミスから失点して、そこから崩れかけて、最後の方に何とか追いつくことができた。でも、PKも、ずっと今まで練習をやってきて、みんな本当に外す感じではなかったのですが、どこかで自分たちがやってきたことをやらなかったから、この結果になったのだと思います。前半は何回かチャンスがあって、そこからどんどん自分たちの形に持っていけば、いずか点は取れると思っていたのですが、なかなか取れないまま終盤まで行ってしまった。最後パワープレーをしかけ、それで1点取れたのはよかったのですが、もっと早い段階のチャンスで点を取れていればこういう展開にはならなかったと思います。

 

【中津東対青森山田 マッチレポートはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 2 ドイツで活躍する山田大記選手(元ジュビロ磐田)が取り組む、足が速くなる方法とは?(前編) 3 【インタビュー】『ペップ・グアルディオラ』があまりにも面白かったので、担当編集さんに裏側を聞いてきた(1) 4 ドイツで活躍する山田大記選手(元ジュビロ磐田)が取り組む、足が速くなる方法。ジュビロへの想い(後編) 5 「日本の個の力は弱くなってしまうのではないか」タイに渡って感じた、日本サッカーの特殊性/青山直晃インタビュー 6 「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編) 7 【インタビュー】『ペップ・グアルディオラ』があまりにも面白かったので、担当編集さんに裏側を聞いてきた(2) 8 サッカーは戦術だ!と言っていた村松尚登さんが、なぜいまコーンドリブル等の反復練習をしているのか? 9 6/13(月)村松尚登(元FCバルセロナスクール)&鬼木祐輔(フットボールスタイリスト)トークイベント開催! 10 悪性リンパ腫と戦いながらも、ユベントスとの大一番で活躍した、元Jリーガーのはなし