2019.06.19 Wed

Written by EDGE編集部

Jリーグ&国内

SC相模原プロフォーマンス・フットボールカレッジが選手募集開始!

SC相模原と海外サッカー留学大手のユーロプラスインターナショナルがタッグを組み、2019年に開講した、単年制の実践型カレッジ「SC相模原プロフォーマンス・フットボールカレッジ(通称:SC相模原pfc)」。SC相模原のU21チームとしても活動しており、2期生となる2020年度の選手募集を開始する。

SC相模原pfcのトレーニングはトップチームと同じ環境で、トレーニング後には座学講座も行われている。プロになるために必要な知識と技術、フィジカルを身につけられる環境で、2019年4月に1期生がスタートしてから、トップチームの練習参加や、J1、J2とのトレーニングマッチに参加するなど、貴重な経験を積んでいる。授業では英語や映像加工など、実際の移籍に必要なものが学べるなど、実践的なスキルを身につけることのできる環境だ。

 

2t

年間授業料は他のサッカー専門校のおよそ半額に設定されている

 

来年に向けて、選手の募集が始まっており、高校生や大学生からの問い合わせが届いている。プロを目指している選手は、ここを登竜門に挑戦しよう!

 

【セレクション概要】

日程:2019年7月15日(月・祝)

時間:18:15 — 説明会

   19:00 — グラウンドにて実技

場所:横山公園サッカーグラウンド

住所:〒252-0242 神奈川県相模原市中央区横山5-11

集合場所:横山公園サッカーグラウンド横

参加費用:10,000円

対象:21歳以下

お申込み方法:下記リンクより詳細をご確認の上、お申し込みページからお申し込みください。

https://www.sagamihara-pfc.jp/2019/06/03/selectionjuly/

 

 

 

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 久保田コラム「日本語のサッカー指導で世界をひっくり返す(2)」「ドリしろ!」で効果的なプレーはできるのか? 2 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 3 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 4 部活動の“外部コーチ”を19年経験した筆者が思う、外部コーチと学校の理想的な関係【久保田コラム】 5 【少年サッカー移籍問題6】移籍問題解決に向けて、日本サッカー協会から通達が出される! 6 サッカーで速く、強くプレーするためのコツとは? 日本式“ひざ歩行”と欧米式“腰歩行”の違い 7 【久保田コラム】園児は僕らの先生。サッカーを“習いに来る子”とサッカーを“しに来る子”の違いのはなし 8 久保田コラム「日本語のサッカー指導で世界をひっくり返す(1)」和訳サッカー用語と本質のズレ 9 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 10 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】