2015.01.01 Thu

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『マンツーマンで初勝利』 高校サッカー・1回戦 中津東1(4PK2)1青森山田

写真:TORAO KISHIKU

『三度目の正直』を合言葉に、全国初勝利へ向け、徹底的に勝利にこだわってきたという中津東。予選からの守備スタイルを一貫したことが、インターハイ・ベスト4の強豪・青森山田を困惑させ、打ち破る要因に。(取材・文 上岡真里江)  

インターハイ4強、当大会18年連続出場、準優勝の経験もある青森山田と、3年連続出場とはいえ、選手権未勝利の中津東との対戦は、実績だけでみれば、両者には歴然とした差が存在する。

だが、この対戦を制したのは中津東だった。『マンツーマンDF』がカギとなった。

1人1人が特定選手に対して責任をもってマークするスタイルについては、「特別、『青森山田のために』ということでとった策ではない」と、松田雄一監督は語る。

予選時から、「対面する選手に対してきちっとついていく」ということをまず徹底する中で、「マンツーマンと、動いていって、受け渡しができれば受け渡すということを考えてやっています。試合中、選手が『受け渡しができない』と判断すれば、(マンツーで)ついていくという形でやっています」という。

誰が誰につくのかなども含め、DF河野史勇太、松永康汰を中心に、すべて選手の中で決めているのだと、指揮官は目を細める。

この試合では、「個のレベルでは相手が上」(中津東・泉成哉)の強豪校相手に、試合開始から徹底したマンマークを選択。

特に、「相手のキーマンであるFW丹代藍人を完全に抑えてくれた」ことが最大の勝因だと、先制ゴールの起点となった泉は守備陣に感謝しきりだった。

敗れた青森山田の黒田剛監督も「粘り強く来られて、スペースもほとんど消されていた。こういうチームとやったことがないので、正直、すごくやりにくかった」と、難しさを口にしている。

また、山下優人も、スカウティングで相手がマンマークでくることもわかっていた上で、「練習から、走力でマークを外していこうということはやってきた。ボールを持った選手に素早く走力でサポートすることによって、マンツーがはがれていくと思っていたのですが、なかなか走力が上がらなかった。特に前半は、相手がマンツーなので、縦パスを入れて取られてカウンターというのにビビってしまって、縦パスが入れられなかった。負けたら終わりという選手権独特の雰囲気からくる硬さもありましたが、この結果が自分たちの実力」。

最終的にパワープレーが奏功し1-1に追いついた末、PK戦に持ち込んだが、結果として「何度もあったチャンスの中で決めて入れば、こうはならなかった」と、相手の特徴を打ち崩せなかった自分たちに、ただただ唇をかみしめていた。

史上初めて2回戦というステージに立つ中津東の選手たち。「青森山田に勝ったことで、どんな強い相手でも同じ高校生だと思いました。個で勝てなくても、一丸となれば戦える。自分たちに失うものはないけん。これからも常に『チャレンジャー』という気持ちで、がむらしゃらにやっていきます」(泉)。

次戦は、初出場初勝利を挙げた郡山である。新鋭の躍進なるか。今後の奮闘が非常に楽しみだ。

 

【中津東対青森山田 試合後のコメントはコチラ

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事