2019.02.01 Fri

Written by EDGE編集部

Jリーグ&国内

2/21(木)東京・市ヶ谷 「女子クラブの視点で考える 最幸なスポーツ環境とまちづくり」セミナー開催!

2/21(木)19:30~東京・市ヶ谷にて「女子クラブの視点で考える 最幸なスポーツ環境とまちづくり」 をテーマにしたセミナーが開催される。

 

こんにちは。love.fútbolの加藤です。

「地域貢献型のスポーツグラウンドづくり講座2019」の第2回目は、荒川区で唯一の女子サッカークラブ運営を通じて「サッカーを愛する女の子たちの最幸な環境づくり」に取り組むNPO法人スポーツカントリーアンビスタ(以下アンビスタ)の代表理事・石尾潤氏をお招きし、お話いただきます。

 

51112605_2009955465766463_7100895475158482944_n

 

石尾さんが活動する東京都荒川区では、サッカーを楽しみたい幼・小・中学生の女の子たちにとって厳しい環境だったと言います。


荒川区にある女子サッカークラブは、同法人が運営する「FC HERMANA」1クラブのみ。区内には約4,300人の女子小学生、約2,100人の女子中学生が暮らしている一方で、女子サッカークラブに所属している人数はそれぞれ49人と16人。割合は、100人に1人、200人に1人のみという状況でした(H.27年度時点)。

背景には、「仲間」がいないこと、「場所」と「機会」の不足がありました。



そうした状況を変えるべく、石尾さんらアンビスタは現在、

・少年少女のサッカークラブ運営(女子はキッズ、U-12、U-15)
・地域スポーツコミュニティを盛り上げるスタジオ「Ambista House(アンビスタハウス)」の運営


・女子中学生を対象にライフスキルを高める文武両道支援特化型アカデミーの運営
・その他ダンスや総合スポーツ教室やワークショップ開催


などの活動を通じて、女の子たちがサッカーを楽しむ最幸な環境をつくることを中心に、年齢を問わず地域で暮らす女性たちが生涯にわたって「好き(スポーツ)を貫き通す」ことができる環境づくりに挑戦しています。

 

51081674_2138280629780388_8389250020301340672_n


女の子たちがサッカーを楽しむ最幸な環境には当然、「施設のあり方」にも目を向けていく必要があります。


石尾さんにはこれからのスポーツ施設を女子クラブの視点から捉え、ハードとソフトの両面から求められる仕組みやヒントについてお話いただきます。

「女子サッカー(マイナースポーツ)に必要な施設ってどんなもの?」
「女子プレイヤーはどんなことを施設に求めているか知りたい」
「地域の女性が生涯にわたってスポーツを楽しむ環境を創りたい」

このイベントはそんな想いを持つあなたへ、Webでは知ることのできない情報をお伝えします。

●講座概要
「女子クラブの視点で考える 最幸なスポーツ環境とまちづくり」
講師:NPO法人スポーツカントリーアンビスタ代表理事 石尾潤 氏
日時:2月21日(木)19:30~21:30 *19:10受付開始
会場:株式会社スポーツフィールド セミナールーム
   市ケ谷駅徒歩5分
   東京都新宿区市谷本村町3-29 FORECAST 市ヶ谷 4F
アクセス:http://www.sports-f.co.jp/company/access.html#office-1
参加費:3,500円
定員:35名
協力:株式会社スポーツフィールド
申し込み:下記Peatixよりお申込みください。
https://lovefutboljapan-event2019-vol2.peatix.com/
*キャンセル:申し込み後のキャンセルによる返金は承っておりません。ご了承ください。

●プロフィール
NPO法人スポーツカントリーアンビスタ代表理事 石尾潤 氏。
2009年 私立國學院大學久我山高等学校で全国高校サッカー選手権ベスト8。同年 早稲田大学教育学部入学と同時に都内某チームで指導者としてのキャリアをスタート。
2012年 大学4年次にスポーツイベント事業を興す。
2013年4月から学校法人三幸学園に就職。東京未来大学でキャンパスアドバイザーとして学校経営及び教務・就職支援の業務を3年間歴任
2016年4月にNPO法人スポーツカントリーアンビスタを創設し、代表理事に就任。
2018年8月現在はNPOの経営及びFC HERMANA U-15監督・FC LIGARスクールマスター・Academia Ambista校長・biima sportsアンビスタ南千住校チーフインストラクターと並行して、ライフイズテック株式会社(採用担当)・株式会社JTB(公認ファシリテーター)・株式会社リーフェ(営業マネージャー)・株式会社ビーマ(事業開発担当)の名刺を持つパラレルワーカーとして新しい働き方を模索している。

●講座の背景
love.fútbolは、「more than place to play」をコンセプトに、これまで7カ国、28地域でサッカー(スポーツ)グラウンドづくりをしてきました。この経験を通じて、スポーツをする場所は、地域・子どもの課題解決の拠点になることを証明してきました。

こうした海外での経験はさることながら、そもそものコンセプトや考え方、方法はこれからの日本でも役立つと感じています。日本社会では、日々報道されているように子ども・若者・親・高齢者、どの世代も生活課題を抱えており、これから地域またはコミュニティによる共助がさらに求められてきます。そこで注目されているのがスポーツ施設だと言われています。日本のスポーツ施設数は約19万。コンビニの約4倍です。場のコンセプト、つくり方、活用の方法を工夫することで、地域の人が集まり共助を高める機能性と、数を活かした展開力が期待されています。

また、スポーツ界においても、野球のDeNAや日本ハム、サッカーでは水戸、今治、長崎に代表されるように、スタジアムが地域成長の文脈で語られているのは偶然ではありません。DeNA前球団社長の池田純氏は、「人口減少時代をむかえ経済成長が停滞している状況において、スポーツを通じて社会課題の解決に貢献することがこれからのスポーツビジネスのあるべき姿」と提言されています。

この講座は、「これからの社会に必要とされるサッカー(スポーツ)施設は地域貢献型の施設である」という仮説のもと、学び を得て、実践を増やす機会として実施していきます。

 

logo_LF

●love.fútbol とは

love.fútbolは、中南米、アジア、アフリカで町の人たちみんなと一緒にサッカーグラウンドを作り、グラウンドを拠点とした町の貧困、教育、治安、環境、ジェンダー、経済問題の解決に取り組む米国のNGOです。

ストリートサッカー中に交通事故で亡くなってしまう子どもがいる問題を背景に、「サッカーが好きな世界中のすべての子どもが安全にサッカーできるグラウンドのある社会」を目指しています。これまで、グアテマラ、ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、エジプト、インド、コロンビアの7カ国33地域でグラウンドづくりプロジェクトを行い、4万人以上の子どもが安全にサッカーを楽しめるグラウンドを届けています。

◀︎前の記事 トップ
Ranking
1 アマチュアフットボーラーの挑戦・渡邉俊介「日本一を目指す経営者が注ぐ、サッカーとオーガニックコットンへの情熱」 2 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 3 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 4 部活動の“外部コーチ”を19年経験した筆者が思う、外部コーチと学校の理想的な関係【久保田コラム】 5 サッカーで速く、強くプレーするためのコツとは? 日本式“ひざ歩行”と欧米式“腰歩行”の違い 6 「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編) 7 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 8 幸野健一のエッジな人「日本人で唯一、カタールの最先端育成施設アスパイア・アカデミーで指導をした男」八橋健一 9 【久保田コラム】高校サッカー名勝負「聖和学園対野洲〜生き方は誰にも批判できない」のはなし 10 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】