2018.10.04 Thu

Written by EDGE編集部

元ジャパンサッカーカレッジの中村彦聖がニュージーランド1部ハミルトンワンダラーズと契約

MF中村彦聖が、ニュージーランド1部リーグのハミルトンワンダラーズに入団することが明らかになった。同選手をサポートする、ユーロプラスインターナショナルが発表した。

中村選手は1994年生まれの24歳。ポジションは攻撃的MFで、高校時代は青森山田高校で活躍。卒業後はCUPS聖籠、ジャパンサッカーカレッジでプレーした。昨年度は、北信越リーグのサウルコス福井でプレー。その後ニュージーランドへ渡り、2部リーグ相当のNRFL所属のセントラルユナイテッドで活躍した。

以下、中村選手のコメント

「この度、ニュージーランド1部リーグのハミルトンワンダラーズと契約することができました。2部リーグで1シーズン戦って、レベルは日本ほど高くはないですが、初めての海外で苦労することが多く思うような結果が出ませんでした。想定していたことだったので、ネガティブにならず、狭き外国人枠に入る難しさとも戦い、自分を信じた結果、1部リーグのチームと契約を結ぶことができました。僕は1部でプレーすることが目標ではなく、やっとスタートラインに立てたので、継続して試合に出て目標を達成できるように頑張りたいです」

 

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 アマチュアフットボーラーの挑戦・渡邉俊介「日本一を目指す経営者が注ぐ、サッカーとオーガニックコットンへの情熱」 2 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 3 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 4 部活動の“外部コーチ”を19年経験した筆者が思う、外部コーチと学校の理想的な関係【久保田コラム】 5 サッカーで速く、強くプレーするためのコツとは? 日本式“ひざ歩行”と欧米式“腰歩行”の違い 6 「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編) 7 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 8 幸野健一のエッジな人「日本人で唯一、カタールの最先端育成施設アスパイア・アカデミーで指導をした男」八橋健一 9 【久保田コラム】高校サッカー名勝負「聖和学園対野洲〜生き方は誰にも批判できない」のはなし 10 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】