2018.08.08 Wed

Written by EDGE編集部

ヨーロッパ

育成強国ドイツが提案するジュニアサッカー指導の手順と練習法2 子供たちのサッカーは将来のサッカーのベース

2018年5月に出版されると、大きな話題を呼んでいる『「育成強国」ドイツが提案する ジュニアサッカー指導の手順と練習法』(東邦出版)パウル・ショーマン、ゲルト・ボーデ、 ノルベルト・フィート、 ドイツサッカー協会 (編集), 坂本健二 (翻訳)。フットボールエッジでその一部を紹介するので、日々のトレーニングにぜひ役立てほしい。

試合で力を発揮できる選手を育てる

サッカーに興味を持った子供、ジュニア年代の選手たちの希望や欲求が、常に練習や試合における最初の基準でなければならない。その上で、将来を見通して整理した育成を行うことが大切で、それは各年代や段階において「試合で力を発揮できる選手を作る」という目標につながる。

試合に対するモチベーションは、優れた選手になるために、我慢強く、各段階に分割された、長期に続く選手育成の過程を経ていく上で必要なものである。
このモチベーションを向上させるための基準値の対象となるのは、未来を見据えた、魅力的で、効果を発揮した試合である。

将来に向けたチームコンセプトの理想像は、将来のトップクラスの選手やワールドクラスのチームに要求されるものの輪郭と重なる。そして、そこから導き出されるのは、何よりも技術、戦術、コンディション、メンタルにおいて、非常に複雑な要求が生じるということである。

目標は果てしなく高いが、傑出したサッカーの才能を持った「明日のスター」に到達するまでの長い道のりを、各育成ステップに詳細なポイントを配分することで、綿密な部分目標を設定することが可能になる。この部分的な目標は、互いに連携して組み立てられている。

すでに子供たちのサッカーは、後のトップクラスの選手のためのベースとして特別な存在であり、最終的に不可欠な役割を担っている。一方で、誰もが高いレベルに到達できるわけではないことも、ここで強調しておきたい。

たとえプロ選手になれなくとも、長い間サッカーに関わり、プレーを楽しむことができたなら、重要な目標が達成されたことになる。その意味でも、サッカークラブにおいて、将来を見据えた指導をすることは大切である。なぜなら、もしすべての子供たちが中学生、高校生、大学生、社会人と長きに渡って喜びとモチベーションを持ってプレーしてくれた場合、多くのクラブ会員がそのクラブと常につながりを持つことにつながるからである。

子供たちのサッカーがトップレベルのサッカーとかけ離れているのは、仕方のないこと。多くの小さな練習や試合が、サッカーの楽しさと創造性の基礎を作り、様々な運動に取り組むことが、将来の成功へとつながる。

将来の、選手像への見通しを持つ!
トップレベルの選手になるために必要な要素は、絶えず拡大し、常に新しい形へと変化している。将来を見据えた育成を通じて、明日のサッカー選手の育成を目指すためには、ここに挙げた傾向を考慮する必要がある。

❶プレッシャーの下での技術
トップレベルの選手は狭いスペースで相手のプレッシャーを受けても、バリエーション豊かな技術を駆使して局面を打開していく。彼らは、常に状況に合った解決策を持ち合わせている。

重要:子供たちにとって、サッカー特有の技術の習得が重要。そのポイントと内容については、子供たちの能力によって決定する。ほとんどの場合、子供たちはたくさんの小さな試合の中で、1人で技術を身に付けていく。子供に合わせた練習は、試合中の技術の習得効果をさらに上げる。

❷戦術コンセプト
成功するチームは、常に目の前の試合に勝つ方法について、明確な計画を立てている。 そして各戦略は、個々の選手の戦術的スキルに基づいている。

重要:子供たちはたくさんの試合を通して、サッカーのプレーを学んでいく。 これには「どこへ、どのようにフリーランニングをするか?」や「新しい状況への素早い
切替え」のような「戦術的な ABC」も含まれている。 コーチが子供たちに簡単なヒントを与えることは、これらの学習プロセスをなぞることになる。

❸フィットネス
強いチームと選手は、サッカー特有の動作に身体がフィットしている。フィジカル的な土台があってこそ、サッカー独特の力を発揮することができる。なかでもスピードは重要な要素である。

重要:子供たちがフィットネスを習得する上で大切なのは、多彩な動きを体験する場を作り出すこと。 これには、様々なサッカーのゲームや課題が含まれるが、動きのある遊びや追いかけっこ、その他のボールゲームなども、練習時間の一部となる。

❹勝利への意欲
情熱的な選手は困難な状況でも勇気を失わず、責任を持って関与する。勝つために意識を集中し、自信と規律を持って成功をつかもうとする。

重要:子供たちの人格形成を促進すること。努力する気持ち、試合前の準備、敗北時の気持ちの処理、自主性を強いること。選手たちを束ねてグループにすること。すべてのコーチは教育的な視点で、選手たちに刺激を与えられる!

⑤プレーの喜び
すべての試合や練習において、プレーする喜びを持ち、サッカーにのめり込んでプレーする人だけが、最高のパフォーマンスを発揮するための創造性、遊びの楽しさを表現することができる。

重要:子供たちは、誰からも干渉されることなくサッカーをプレーしたがる。自分自身のために、そのような姿勢で取り組んでも良い時期である。 そうすることで彼ら
は集中し、サッカーの魅力を体験する。 この経験は、サッカーのための長期的で安定したモチベーションの根幹を成し、辛抱強く実行していく学習プロセスの基礎になる。

300ページ以上にも及ぶ、圧倒的な情報量、豊富な練習メニューが掲載されている書籍を手に入れたい方は、下の下のAmazonの画像をクリック。

 

 

 

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事