2014.12.31 Wed

Written by EDGE編集部

高校&ユース

『無失点を継続させたい(米子北・嶋田)』米子北×昌平コメント

写真:MASASHI Adachi

高校サッカー・1回戦 米子北1対0昌平 コメント

米子北 城市徳之監督

全体を通して最後まで全員でハードワークができたことが勝因のひとつでもあると考えています。1年生で唯一スタメン出場したGK中原は、中学時代も全国の舞台を経験しているから心配していませんでした。相手の9番FW野村や10番MF和田への注意は常に注意していました。相手は守備も攻撃もバランスのいいチーム。そんなチームに勝てたことは自信になります。最後まで1対0で終わるとは思っていなかったが、全体として集中していた。2回戦に向けて体のケアをしっかりして挑みたいです。

 

米子北 定本佳樹

相手のマークが厳しくシュートが撃てずに終わってしまった。2年生まではボランチとしてプレーし、パスを出すことを意識していたが、やはりFWなのでシュートを決めたかったです。PKも本音をいうと蹴って決めたかった気持ちもあります。2回戦では必ずゴールを決めたいです。

 

米子北 嶋田遼允

相手の攻撃の特徴や起点となる選手は事前に研究し調べていました。それを味方に伝えていたのも功を奏したと思います。相手FWの9番・野村は、駆け引きなどうまかったが、その中でしっかり対応できたのがよかったです。無失点の試合が続いているので、継続させたいです。

 

【米子北対昌平 マッチレポートはコチラ

 

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 【少年サッカー移籍問題4】移籍トラブルに遭ったときの対処法と、ドイツの選手証から読み解く改善例 2 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】 3 「子どものために、使わない理由がない」コーチ、保護者、選手のコミュニケーションツール『CLIMB DB』活用法 4 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 5 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 6 海を渡った指導者たち〜第1回・亘崇詞(広東女子足球隊監督)インタビュー後編 7 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 8 サッカーの力で世界の子どもに夢を。あなたが主役のグラウンド作り love.fútbol Japanメンバー募集 9 「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編) 10 Fリーガー達が『ストリートフットボール』に特化したスクールの選手を指導。そこで感じた『間合いの違い』とは?