2017.12.01 Fri

Written by EDGE編集部

フットサル

『Futsal Baton Project』が、TIP TOP FCの選手達にフットサルを指導!

初雪も観測し、冬の寒さが東北地方に戻りつつあるこの日。宮城県登米市にて『Futsal Baton Project』が開催された。指導を受けたのは『TIP TOP FC』の選手達。週末の開催ということもあり、親御さんの姿も多く見られた。指導を行った小松遊斗選手(ヴォスクオーレ仙台サテライト)に話を聞いた。

――お疲れ様でした。今日のテーマなどを教えてください。

小松:シュートのバリエーションを増やしてゴールを奪うこと、声をかけ合って連携を高めることをテーマにトレーニングをしました。指導中は、学年関係なくコートの中で話すことができるかを気にして見ていました。

 

se2

 

――日頃からフットサルをしている選手達への指導となりましたが、意識することはありましたか?

小松:先入観なく、トレーニングに入ることができると思ったので、頭を使いながら他の事もやるといった、難しいトレーニングにチャレンジさせてみました。戸惑いもあったようでしたが、さすが日頃からフットサルをやっているだけあって、順応性の高さを感じ取る事が出来ました。

――参加してくれた選手達へメッセージをお願いします。

小松:仙台からは離れた所に住む子どもたちでしたが、ヴォスクオーレ仙台の試合も観戦しに来てくれている子が多数いて、嬉しかったですね。小学生のうちからフットサルをプレーするのは、とても素晴らしい経験だと思いますし、この環境を活かして、もっとフットサルの奥深さを知ってほしいなと感じました。

HP http://futsalbatonproject.web.fc2.com

 

TOPページ広告

 

 

 

 

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事