2017.09.08 Fri

Written by EDGE編集部

Jリーグ&国内

2017年10月、11月に『地域貢献型のサッカー/フットサルグランドづくり講座(全5回)』が東京で開催

世界で展開するlove.fútbolが、サッカーグランドづくり講座を開催する。これまで5カ国、27地域でグランドを作成してきた彼らが、「日本ではこれからの社会に、どんなグランドが必要とされているか?」を環境デザイン、地域づくりの観点から考えて、グランドの歴史・空間デザイン・お金・コミュニティづくり・事例の5つをテーマに行われる。(記事提供:love.fútbol Japan) 

こんにちは、love.fútbolの加藤です。

スポーツが好きな人、特にサッカーやフットサルが好きな人は、これからの社会にどんなグランドがあったらいいなぁ〜って思いますか?

きれいな芝生の整ったグランド、
町の子育てをサポートするグランド、
子どもからおじいちゃんまで多世代がわいわい交流するグランド、
自然あそびもできちゃうプレイパークのようなグランド、
などなど。

そこはきっとスポーツをする・見るだけでなく、地域の人たちの暮らしを支え、町の問題を解決していく機能が求められています。

 

21439680_10155223258643611_871498095_o

 

●講座の背景
私たちlove.fútbolは、これまで海外5か国27地域でサッカーグランドづくりプロジェクトを実施し、そのつくり方と運用方法に工夫をすることで、グランドがスポーツをするだけの場所にとどまらず、地域の成長と課題解決の場になることを証明してきました。そして日本でもこのコンセプトはこれからの時代に必要とされているなぁと感じています。

日本は経済先進国とはいえども、日々報道されているように子ども・若者・親・高齢者、どの世代も生活課題を抱えていますが、個人・家族単位でその壁を乗り越えることはなかなか厳しく、今後はより一層地域またはコミュニティによるサポートが求められています。そんな中、地域貢献において未だ発展途上にあるのがスポーツ施設です。そのつくり方、運営方法、活用方法に工夫をすることで地域貢献に対するポテンシャルはとても高く、また、全国22万カ所(コンビニの約4倍!)にあるスケールメリットはロールモデルを様々な地域で応用できる素地もあります。

そこで「日本ではこれからの社会にはどんなグランドが必要とされているか?」を環境デザイン、地域づくりの観点から考えて、企画したのが今回の講座です。トピックは、グランドの歴史・空間デザイン・お金・コミュニティづくり・事例の5つです。グランドづくりに夢を見る人、ぜひご参加くださーい!

 

21475970_10155223258963611_1422099369_n

 

●講座
Vol.1:
「ねぇ山田さん、そもそもグランドってなんですか?」
日程:10/1(日)18:15〜20:15
講師:株式会社クリエイティブヘッズ取締役 山田 崚資 氏

Vol.2:
「ねぇ上林さん、どうやって人が集まるグランドをデザインするの?」
日程:10/15(日)13時〜17時(うち2時間)
講師:株式会社スポーツファシリティ研究所代表取締役 上林 功 氏

Vol.3:
「ねぇ桂田さん、どうやって地域全体で稼ぐグランドをつくるの?」
10/24(火)19:30〜21:30
講師:日本政策投資銀行 地域企画部参事役 桂田 隆之 氏

vol.4:
「ねぇ荒さん、どうやってコミュニティーとグランドを繋ぐの?」
日程:11/9(木)19:30〜21:30
講師:HITOTOWA INC. 代表取締役/ SOCIAL FOOTBALL COLOオーガナイザー 荒 昌史 氏

vol.5:
「ねぇ川西さん、どうやってグランドをつくったの?」
日程:11/25(土)13時〜17時(うち2時間)
講師:NPO法人Charity.Org 川西 純一 氏

●こんな人に来てほしい!
・サッカーまたはフットサルグランドなどスポーツグランドを運営する個人・法人・行政
・指定管理者制度でスポーツ施設を運営する法人
・遊休不動産の活用を検討している個人・法人
・グランドづくりに夢を見る人

●講座概要
「地域貢献型のサッカー/フットサルグランドづくり講座(全5回)」
会場:いずれも都内のイベントスペースを予定
定員:最大30名/回
参加費:3,000円/回 
*全5回分を申し込みいただくとお得な3,000円引き!

申し込み:
全5回の申し込みはこちら。http://ptix.co/2gIm9oJ
Vol.1の申し込みはこちら。http://ptix.co/2eFVQ1U

主催:love.fútbol Japan

21441602_10155223259423611_495195120_o

 

 

 

 

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事