2017.07.01 Sat

Written by EDGE編集部

ヨーロッパ

【PR】スペインサッカー指導者ライセンス「モニトール」が日本で取得できる特別プログラムが開催!

スペインの指導者養成協会「AFEN(Asociación Formativa de Entrenadores Nacionales)」と提携するIFCO(国際サッカーコーチング&マネジメントスキル認証機構)が主催となり、スペインから協会公認の指導者を呼び、ライセンス講習を実施する。

来日する指導者は、レアル・マドリードのスカウティングコーチを務めながら、マドリードリーグ4部のチーム(CD los Angeles)を率い、UEFA PROライセンス保持者のホルヘ・レドンド氏。2日間の講習で座学と実技を交えながら、テストはなく受講者全員がライセンスを取得することができる。

留学することなく、日本国内で通訳付きで学べ、指導者ライセンスが発行される特別講習はサッカー指導者として活躍する足掛かりとして有効なだけでなく、国内の指導者ライセンスと違う角度での学びとしても、非常に重要となる。日本の指導者ライセンスでなかなか先に進めない方や、今後のために指導者ライセンスを取得しておきたい方、指導者を見据えた選手の方などにオススメの内容、資格となっている。 

サッカー経験や指導者経験は不問であり、サッカー指導者資格取得の足掛かりとしても活用可能である。

「スペインサッカー指導者資格取得プログラム」

【関西会場】

日時:2017年8月26日(土)・27日(日)

会場:ZOZOPARK

担当講師:ホルヘ・レドンド

レアル

レアル・マドリードのスカウティングコーチを務め、マドリードリーグ4部のチーム(CD los Angeles)を率いる。サッカー、フットサル両方のメソッドを持つ数少ない指導者。UEFA PROライセンス。

 

【各会場共通】

定員:25名

参加費:定価148,000円

申込フォーム:http://ifco-soccer.jp/application/

プログラム詳細:http://ifco-soccer.jp/archives/761

 

【お問合せ】

一般社団法人国際サッカーコーチング&マネジメントスキル認証機構(IFCO)

HP:http://ifco-soccer.jp

TEL:03-6804-6062

EMAIL:info@ifco-soccer.jp

 

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 久保田コラム「日本語のサッカー指導で世界をひっくり返す(2)」「ドリしろ!」で効果的なプレーはできるのか? 2 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 3 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 4 部活動の“外部コーチ”を19年経験した筆者が思う、外部コーチと学校の理想的な関係【久保田コラム】 5 【少年サッカー移籍問題6】移籍問題解決に向けて、日本サッカー協会から通達が出される! 6 サッカーで速く、強くプレーするためのコツとは? 日本式“ひざ歩行”と欧米式“腰歩行”の違い 7 【久保田コラム】園児は僕らの先生。サッカーを“習いに来る子”とサッカーを“しに来る子”の違いのはなし 8 久保田コラム「日本語のサッカー指導で世界をひっくり返す(1)」和訳サッカー用語と本質のズレ 9 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 10 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】