2017.03.20 Mon

Written by EDGE編集部

アジア

3月25、26日、2日間限定の「SHUKYU Shop」が原宿 VACANTで開催

3月25、26日、アジアを拠点にサッカーやスポーツをテーマにした物作りをする、東京のCITY BOYS FC × 韓国・ソウルのNivelcrack × マレーシア・クアラルンプールのOBSCRとのコラボレーションにより、SHUKYU Magazineによる「SHUKYU Shop」が、原宿 VACANTで開催される。

期間中は、各ブランドのデザイナーも会場にいる予定なので、興味のある方は会場に足を運んでみてはいかがだろうか。

OBSCR

Processed with VSCO with a6 preset

Processed with VSCO with a6 preset

マレーシア・クアラルンプールを拠点に活動するブランド。スポーツをストリートウェアをミックスさせた服を作っている。デザイナーのブライアンとイーサンは、それぞれ写真家、DJとしても活動している。(https://obscrlimited.com/)

Nivelcrack

8-nivelcrack

韓国・ソウルで活動するブランド。クリエイティブディレクターのシンジェが、学生時代にバルセロナでインターンをしたことがきっかけで、ブランドを始めることになった。遊び心の溢れたアイデアから、ひねりの効いたデザインの服を作っている。(http://nivelcrack.com/

CITY BOYS FC

4-cityboys_shukyu

2011年仙台市にて結成されたアマチュアサッカーチーム。2016年現在チームとしての活動は休止しているが、アパレルグッズやZINEの制作、海外サッカー誌へのグラフィック提供などを行っている。(http://cityboysfc.com/

SHUKYU
1-shukyu

2015年に東京で生まれたサッカーカルチャー誌。毎号一つのテーマを元に、アート、ファッション、建築など、サッカーを様々な視点で考察している。これまでのテーマは「ルーツ」「身体」「アイデンティティ」。(http://shukyumagazine.com/

SHUKYU Shop
with OBSCR × NIVELCRACK × CITY BOYS FC

25(sat)-26(sun) March, 2017
12:00-20:00
at VACANT (3-20-13 Jingumae Shibuya Tokyo)
http://www.vacant.vc/

 

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 アマチュアフットボーラーの挑戦・渡邉俊介「日本一を目指す経営者が注ぐ、サッカーとオーガニックコットンへの情熱」 2 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 3 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 4 部活動の“外部コーチ”を19年経験した筆者が思う、外部コーチと学校の理想的な関係【久保田コラム】 5 サッカーで速く、強くプレーするためのコツとは? 日本式“ひざ歩行”と欧米式“腰歩行”の違い 6 「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編) 7 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 8 幸野健一のエッジな人「日本人で唯一、カタールの最先端育成施設アスパイア・アカデミーで指導をした男」八橋健一 9 【久保田コラム】高校サッカー名勝負「聖和学園対野洲〜生き方は誰にも批判できない」のはなし 10 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】