2017.02.17 Fri

Written by EDGE編集部

ヨーロッパ

元阪南大学のFW多木理音がモンテネグロリーグ1部・FKボケリへ加入

多木

モンテネグロ1部リーグに所属するFKボケリが、FW多木理音と契約を結んだ。同選手をサポートするユーロプラスインターナショナルが発表した。

多木は阪南大学を卒業後、アルビレックス新潟シンガポールへ加入。その後、欧州リーグへの移籍を目指し、スペインやドイツのクラブにチャレンジしたが契約に至らず。町田ゼルビアへの練習参加を経て、FKボケリからのオファーが届き、加入が決定した。

入団に際し、多木は次のようにコメントしている。

「モンテネグロ1部のFKボケリと契約できたことを嬉しく思うとともに、家族、スタッフ、関わっている全ての方に感謝したいです。外国人としてこのチームに入るので、結果にこだわってやっていきたいと思います」

多木が入団するFKボケリはヨーロッパリーグの予選に出場するなど、力をつけてきているクラブ。2016-17シーズンは下位に低迷しており、多木は上位進出に向けた切り札として期待されている。

 

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事