2017.02.13 Mon

Written by EDGE編集部

育成・トレーニング

東京都クラブユース(U-17)選手権決勝 東京Vユース・永井秀樹監督コメント

2017年2月11日、東京の味の素フィールド西が丘で、東京都クラブユース(U-17)選手権決勝が行われ、FC東京U-18が東京ヴェルディユースに4対1で勝利しました。就任直後のため「まだほとんど何もしていないから」と言いながら、取材に応じてくれた東京ヴェルディユースの永井秀樹監督のコメントをお届けします。

【東京都クラブユース(U-17)選手権 決勝】
東京Vユース 1×4 FC東京U-18

【得点者】
3分:小林幹(FC東京U-18)
56分:大森渚生(東京Vユース)
72、77分:久保建英(FC東京U-18)
90+1分:品田愛斗(FC東京U-18)

【東京Vユース・永井秀樹監督コメント】

――1対4で敗れて準優勝になりましたが、試合を振り返って、感想を聞かせてください。

永井:やるべきことが多いなと思いました。もっと上手くならなければいけないし、もっと技術を上げなければいけない。F東さんと比べて、敵わないほどの差は無いんですけど、差があるのは事実ですし。本人たちがそこをどれぐらい意識してやっていくかだと思います。

――選手として、チームとして、もう少し伸ばしたいなと言う部分は?

永井:キリがないです。ボールを止めて、蹴るをもっと完璧にしなければいけない。きちっとボールを止められない、きちっとボールを蹴れない。基本的なところをおろそかにしているように見えました。

――開始直後、ゴールキーパーを使ったビルドアップで相手の久保(建英)選手にボールを渡してしまい、大きなピンチになりました。その後も最終ラインからのビルドアップを狙われ、ボールを奪われるシーンがありましたが、育成年代なのでコンセプトを続ける事は良いことだと思うのですが、一方でタイトルのかかった決勝戦の舞台で、相手に狙われているのに、やり続けるのはどうなのかなとも思ったのですが。

永井:相手がどこを狙っているのかを、選手たちが理解して判断しないといけないし、すべては相手と相談をしながらサッカーをやっていかなければいけないということを彼らに伝えて、そういうことをピッチ上でわかる選手をなるべく多く作りたいというのはあります。

――かつてのヴェルディらしさ、読売らしさというのはそういうとこにもありますもんね。相手を見ながらサッカーをするという。

永井:そうですね。相手を見ながら、相手の嫌がることをやる。そこがサッカーの面白さというか醍醐味だと思うので。

――今後はユースの現場に出て、選手達を毎日指導されるのですか?

永井:毎日見ます。自分の思い描くサッカーは、選手としても指導者になっても同じです。いままではピッチ上で表現していたことを、今度はユースの選手たちにやらせてあげたい。自分が目指すのは、良いサッカーをして勝つこと。やっている選手も面白い楽しい、見ている人も楽しくて、面白いサッカーを突き詰めていきたいです。

――永井さんが考えるいいサッカーとは、どんなサッカーですか?

永井:見ている人が楽しくて、やっている選手も面白い。それが一番かなと。極論を言うと、90分間ボールを保持すれば負ける事はないので、そこを目指してやっていきたいです。

 

TOPページ広告

 

<あわせて読みたい>

東京都クラブユース(U-17)選手権決勝 FC東京U-18・佐藤一樹監督コメント

 

 

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事