2016.11.11 Fri

Written by EDGE編集部

Jリーグ&国内

『Futsal Baton Project』が「郁文館高等学校サッカー部・フットサル部」でフットサルを指導!

昼夜の寒暖差も大きくなってきた10月中旬『Futsal Baton Project』のメンバーが、東京都文京区の「郁文館高等学校サッカー部・フットサル部」にて、フットサル指導を実施した。終了後、指導にあたった島田大陸選手(バルドラール浦安)に話を聞いた。

――指導、お疲れさまでした。今回のようなサッカー部とフットサル部による合同開催は初の試みだと思いますが、やってみていかがでしたか。

島田:普段、サッカー部に対してはフットサルとサッカーの違いなど、導入部分にフォーカスして指導をしています。また、フットサル部に対してはある程度ベースがある状態にブラッシュアップするイメージで指導をおこないますが、今回はその間をとる感じにしました。もしかすると、フットサル部の選手達にはすでに理解できている内容もあったかもしれませんが、全体にはその内容も伝えつつ、フットサル部の選手には個別に一歩踏み込んだ指導を意識しました。

 

14872533_577583192448576_1061272161_n

 

――紅白戦ではフットサル部 vs サッカー部という構図もありました。

島田:フットサルの公式戦に、サッカー部の選手が出場することも少なくありません。こういった試合が経験できたことも、良い機会になったのではないかと思います。指導開始前のウォーミングアップを見ているだけで、どちらがサッカーでどちらがフットサルかということが一目で分かるくらい、プレーの違いは見られましたね。

――最後に、合同トレーニングに参加した選手達にメッセージをお願いします。

島田:サッカー部とフットサル部が、ともに切磋琢磨できる環境があるのはとても良いことだと感じました。お互いの存在を意識し合って、様々な興味を見つけてもらえたらいいなと思います。一緒に次の目標に向けて頑張りましょう。

『Futsal Baton Project』( http://futsalbatonproject.web.fc2.com

 

TOPページ広告

 

<あわせて読みたい>

『Futsal Baton Project』が、東京都・稲城四中サッカー部にて、フットサル指導を実施!

 

 

◀︎前の記事 トップ ▶︎次の記事
Ranking
1 アマチュアフットボーラーの挑戦・渡邉俊介「日本一を目指す経営者が注ぐ、サッカーとオーガニックコットンへの情熱」 2 教員から受けたありえない仕打ち。部活動を支える“外部コーチ”の、知られざる現場のリアルとは? 【久保田コラム】 3 【少年サッカー移籍問題3】日本中から届いた保護者、指導者の叫び。子どもたちの環境を良くするにはどうすればいい? 4 部活動の“外部コーチ”を19年経験した筆者が思う、外部コーチと学校の理想的な関係【久保田コラム】 5 サッカーで速く、強くプレーするためのコツとは? 日本式“ひざ歩行”と欧米式“腰歩行”の違い 6 「名波浩、中村俊輔、小野伸二。この3人は別格だった」SC相模原代表、望月重良インタビュー(後編) 7 【少年サッカー移籍問題】大人の都合で理不尽なローカルルールが横行。サッカーをする場を奪われる子どもたち(1) 8 幸野健一のエッジな人「日本人で唯一、カタールの最先端育成施設アスパイア・アカデミーで指導をした男」八橋健一 9 【久保田コラム】高校サッカー名勝負「聖和学園対野洲〜生き方は誰にも批判できない」のはなし 10 【少年サッカー移籍問題2】子どもが「移籍したい」と言うのは、そのチームに魅力がないということ【久保田コラム】